タグ:八ヶ岳 ( 421 ) タグの人気記事

黄色

7月半ば、ニッコウキスゲ満開の霧ヶ峰へ。
a0091680_00135520.jpg




遠目からも起伏の上部がなだらかに黄色。
a0091680_00135621.jpg


あたり一面、黄色。
a0091680_00135675.jpg



久し振りの山小屋で
a0091680_00135787.jpg

遠くに浅間を眺めながらの
a0091680_00135839.jpg


昼ごはん。
a0091680_00135971.jpg

食後はもう少し先まで。
花盛りの八島ヶ原湿原に
a0091680_00135927.jpg


もう、うっとりだった。
a0091680_00140094.jpg


秋の草紅葉の風景はさぞかしキレイだろうなー。
想像するだけで、ご飯が何杯も食べられそう。。(違う)

[PR]
by chatadon-06 | 2017-08-04 23:49 | 八ヶ岳 | Comments(2)

村山六ヶ村堰疏水

疎水の画像はアリマセン。
m(_ _)m。

…小屋のある八ヶ岳南麓にも全記事の拾ヶ堰(じっかせぎ)と同時に世界かんがい施設遺産に選ばれた堰がある。

拾ヶ堰から小屋に戻り温泉に行く途中、夕焼けのあまりの美しさに八ヶ岳高原大橋(黄色い橋)まで出かけた。
a0091680_15341423.jpg


a0091680_15243418.jpg



息を飲むこの夕焼けの風景の足下から、八ヶ岳南麓の潅漑遺産、村山六ヶ村堰疏水(むらやまろっかむらせぎそすい)は始まっている。
ここからずっと標高が下がった八ヶ岳南麓。レインボーラインと呼ばれる広域農道の傍に「潤郷清流」の石碑が立つとても美しい流れがあり、私のお気に入りの場所だったが、六ヶ村堰疎水が遺産に選定されてから調べてみるとまさそこが下流らしいと気がつき、感動しきり。
(少し上流には小規模な水力発電所がある場所だ。)


…このように遺産として讃えられる偉大なもので無くとも、長い長い農耕の歴史のなかで、日本中でこつこつと水路が作られ、貴重な水を守るべく水田や水路の畔に土を塗り重ねて維持しつつ、ひと時も立ち止まらない営みが続けられて来たはずだ。

ほんのわずかでもより良い暮らし、なんとか飢えずに食べて行かれる暮らしを求めて、蟻が砂つぶを運ぶように微塵に小さな力がつみ重ねられ積み上げられ繋いできた歴史のさきに今がある。

そうして天まで耕し、休みなく働き、ようやく誰もが飢えないで済む世の中が見えてきたのに、再びの格差の増大、富の偏在。
貧困の蔓延は進み、餓死者まで出るような社会に逆戻りとは、なんたる体たらくなんだろう。。



a0091680_16021956.jpg

夕焼けは惜しむ間も無くあっという間に終わった。




























[PR]
by chatadon-06 | 2017-07-19 15:24 | 八ヶ岳 | Comments(0)

関西弁?

旅行先で山の上にあるホテルに泊まった。
明け方からずっと声がするな、とそっとカーテンを開けてみると…
目の前の、木のてっぺんの枯れ枝にウグイス。

緑の斜面から立ち上る雲の中。
ホケキョ!で尾羽がピョンとあがる。
a0091680_23244632.jpg


窓を開けると少し離れた茂みに移動。
しばらくしてまた歌いに来た。
a0091680_23244633.jpg


仕方ないから窓ガラス越しに撮る。
a0091680_23321131.jpg

ホケキョ、と鳴くときに必ず羽を高速でパタパタするので、ハッキリ写らない。

八ヶ岳南麓のウグイスみたいに、ここでもなんだかコッチを睨んでる気がする。

「今、下手くそとか言うてへんかった?
ナメたらあかんで!」
a0091680_23244714.jpg


と何故か(テキトーな)関西弁で脳内変換。

…いえいえ、
八ヶ岳南麓よりちょっと上手です。

朝ごはんを食べながら、カワラヒワの食事風景を眺める。
くちばしからタネの綿毛。
関西のカワラヒワも草の種が好きなのね〜。(当たり前だ・・)
a0091680_23244886.jpg


a0091680_23391177.jpg


八ヶ岳南麓に帰って来たら、ヤマガラが雛を連れて来ていた。
3羽が並んでいっちょまえに自分で足で押さえた餌をコンコンつついているのに、しょっちゅう羽をパタパタして親鳥に「ちょうだいアピール」。

a0091680_23321194.jpg




小屋の庭、一面の青葉にトンボ。
このトンボさん、種類の同定がなかなか難しいらしいので、「ニホンカワトンボの仲間」ってことに。

メタリックな緑が美しい。
a0091680_23244893.jpg
a0091680_23244894.jpg




もうすぐ梅雨入りだった頃の、八ヶ岳南麓。
a0091680_23244985.jpg
a0091680_23244941.jpg





[PR]
by chatadon-06 | 2017-06-08 23:10 | 植物・動物 | Comments(0)

キビくん

4月、八ヶ岳南麓の庭ではキビタキ♂がプリリリリ…と威嚇音を発しながらバトルを繰り広げていた。
a0091680_18162446.jpg


このあと、↓右の♂が追っ払われる。
a0091680_18162413.jpg


5月の連休には縄張りが定まりつつあるらしく、朝ごはんを食べていると庭の主が目立つ姿をさらしながらガンを飛ばして来た。
a0091680_18162553.jpg
a0091680_10223299.jpg


新緑に目立つ派手な♂が去ってしばらくすると♀ヒタキが同じ辺りを通って行ったので、ペアなのかも。
翌朝の♀ヒタキさん。↓
キビタキなのかどうかよくわからない。
a0091680_18162572.jpg

ヒタキの♀はみんな可愛い。



[PR]
by chatadon-06 | 2017-05-20 22:03 | 八ヶ岳 | Comments(0)

八ヶ岳南麓の小屋。
一週間滞在すれば一度くらいは見かけたリスが、ここ3ヶ月くらい姿を見せない。
a0091680_14343352.jpg


クルミは無くなるが、食べているのは殻の齧り方からみてどうもネズミのようだ。

4月、5月と夜、フクロウの声を聴いた。
大きなアオダイショウ(=ヘビ。ただし無毒)を見かけた。
春先にはこんなのも見かけた。
今まで見かけたキツネに比べ、痩せ型だがかなり大きな体型だった。
スルスルっとした独特の走り方で無ければ、小柄なレトリバーかと思うくらい。
a0091680_14343349.jpg



あの、ぼーっとしてお間抜けで人の良さそうなリスが無事で居られる気がしない。
a0091680_14343435.jpg


どうかリスが食べられていませんように。
もうウチに来なくてもいいから、何処かで無事に飛び跳ねてますように。







[PR]
by chatadon-06 | 2017-05-18 13:34 | 八ヶ岳 | Comments(2)

4月の八ヶ岳南麓で。
ホヒッ
…とか、ナニモノか分からないような鳴き声がする。
ウグイス…にしてはあまりにショボいフレーズ。
でも、声は似てるね、と外を見ていると、ウグイスらしき姿が通り過ぎていった。
その後暫くホーヒキょ、とかホホーヒェヒョ、とかヘタクソな囀りが近所で続いていた。
翌朝、立廻りが予想されるルートで待機。
またしてもホホヒ…が近づいて来たので観察。
a0091680_10194749.jpg


ガラス越しながら動画と何枚かの静止画が撮れた。
a0091680_10194734.jpg


不機嫌なのか不満なのか、ウグイスにはいつも睨まれてるような気がする。

ヘタクソだね〜と夫と話しているの、聞かれているんだろうか?
a0091680_10194751.jpg



5月の連休中、小屋の間近のウグイスは囀るこえが少な目になっていた。
何処かで営巣しているのだろうか。
そんな中一度だけ、小屋のすぐそばでぽぽぽぽぽ…とツツドリのような声を聴いた。(若干声のトーンがちがう気もしたが)
ツツドリ…って確か、ウグイスに托卵することもあったのじや?と少し心配な鳥たちの営巣の季節。

こちらは5月のペア。
たまたま通りかかったらしいペアの鳥さんのすらっとした姿を兎に角撮った。
夕方なので暗いぼけぼけ画像だが調べて見たらサンショウクイかな?
a0091680_12302529.jpg


こんなスタイルの良いホッソリしたカップルって素敵だな〜。
(夫は基本的にはスリム体系だが)生まれてこのかたホッソリ体系になったことが一度たりとも無い私には見果てぬ夢かも。
…とか思わせる、素敵なペアだった。


[PR]
by chatadon-06 | 2017-05-18 13:00 | 八ヶ岳 | Comments(0)

オオルリ

5月の八ヶ岳南麓
庭に出ていたら側の樹上にバサバサッと動きが。
白っぽい腹部が見えたのでとにかくカメラ起動してシャッター。
幸いにも何か写っていた。
切り出し画像。
a0091680_10411986.jpg

毎日近所で歌声を響かせている、オオルリだった。

そして、すっかり日が長くなった夕暮れどきのお散歩中に、夫が見つけた遠くの樹上の青い姿。
a0091680_10411958.jpg


あまりに遠く、高いのでぼけぼけだが…
画像で確認しなくても肉眼でオオルリと分かる青い姿を「いかにもそれらしい」樹上で目撃するのは初めてのことだった。

(キッチンの窓から見下ろしたことはあるが、撮れなかった。それに、木に渡した麻縄にとまっていたので、なんかオオルリっぽい雰囲気じゃ無かった。)

何時もの事だが、
遠くの鳥さんを撮るのに、
「ファインダーが無いから何処にいるかわかんない!あー!わかった途端に飛んだ!」
…などどヒステリックになりながらも何枚か、蛍光色に輝く姿を画像に収める。
a0091680_10412015.jpg


いつかファインダー付きのカメラで撮って見たいものだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2017-05-18 11:23 | 八ヶ岳 | Comments(0)

田植え前の八ヶ岳南麓

時間ないので画像のみ。
5月の連休の八ヶ岳南麓。
a0091680_21422231.jpg
a0091680_22235988.jpg



耕したばかりの田んぼと南アルプス、
a0091680_21422240.jpg


水を張ったばかりの田んぼと南アルプス
a0091680_21422339.jpg


青い空、はるか頭上で咲き始めたヤマザクラは
a0091680_21422483.jpg


数日で満開。
オオルリやクロツグミの囀りの中、
青空に眩しく光り輝く。
a0091680_21422577.jpg


淡い新緑の中のヤマザクラ。
新緑とヤマザクラの、同じ淡さの美しい色だけを集めたグラデーション。
a0091680_21422531.jpg

日本のあちこちの林の中で、春の通り過ぎざまに現れるこの完璧な色合いの一瞬は、どんな桜の名所にも勝ると思う。



[PR]
by chatadon-06 | 2017-05-15 22:15 | 八ヶ岳 | Comments(0)

残念なお知らせ。。

残念なお知らせ。
関東でたった二箇所の渋滞中のうち一つはここです。
a0091680_12210966.jpg


a0091680_12211081.jpg


八ヶ岳南麓からは早目に帰途についたのに。。

ここから先渋滞の表示。
a0091680_12211072.jpg


ここまでの4キロ、すでに渋滞してたんですけど!


[PR]
by chatadon-06 | 2017-05-06 12:14 | 八ヶ岳 | Comments(4)

桃・桜三昧 1

今週初めの八ヶ岳南麓。
韮崎市の新府桃源郷で桃が満開らしいので、あいにくの曇り空だったが出かけて見た。
ほぼ咲き揃った一面の桃。
曇り空の方がピンクが濃く見えて綺麗だよね、とやや悔し紛れ気味に感激して帰る。
a0091680_15012085.jpg

a0091680_15012164.jpg

a0091680_15012133.jpg

a0091680_15012299.jpg


翌日。
激しい雨があがり、気持ちの良い天気に。

昨日、「今日は取り敢えず様子見ね」となかば冗談(つまり、半ば本気)で言っていたとおり、桃の花見に再び。

a0091680_15012246.jpg

桃の花のあいだに、甲斐駒ケ岳の星のかたちの雪形が見える
a0091680_15012364.jpg

a0091680_15012340.jpg

やはりはるかに綺麗だが、気温はうなぎのぼり、日向に停めていた車の温度計は31度

a0091680_15012404.jpg


a0091680_15012490.jpg

冷たいお蕎麦が美味しい季節。

a0091680_15012514.jpg


桃源郷の春。
一瞬のピンクの絨毯。



[PR]
by chatadon-06 | 2017-04-22 14:21 | 八ヶ岳 | Comments(2)