タグ:動物 ( 113 ) タグの人気記事

チビだらけ。

7月下旬、八ヶ岳南麓の小屋。
ご飯を食べながら外を眺めていると
目の前の木に入れ替わり立ち替わり鳥さんが通りかかる。
ガラス戸越しや網戸越しなのでモヤモヤした画像だ。
このヒタキさんらしきチビは誰の子?
a0091680_17341620.jpg


しょっちゅう見かけるのがお父さん?
a0091680_17341661.jpg


(キビタキは家族連れで小屋の庭にやたら出入りしている。)

これは♀らしいけど、若鳥?お母さん?
a0091680_17341643.jpg



ヒタキ系、幼鳥かな?
a0091680_17341650.jpg


木の上でじっと待ち続けるヒナ。
待ちながら枝のうえをツンツンつついて見たりしてる。
a0091680_17341609.jpg


目の周りのリングを除くと完全保護色のメジロ。
a0091680_17341754.jpg



チョビ髭のコガラもチビちゃん体型。
a0091680_17341757.jpg



ヤマガラ、ただしシッポがまだ短い。。
a0091680_17341799.jpg

年齢不詳のエナガ。
a0091680_17341739.jpg


いつでも小屋の周りにいるけれど、ヒナらしい顔が抜群に可愛いシジュウカラ。
いっちょまえに皮脂腺から羽根に脂を塗りつけ、お手入れに余念がない。

う〜〜、カワユイ。
a0091680_17341856.jpg


小屋の中からチビ達の成長を楽しめて幸せな7月だった。







[PR]
by chatadon-06 | 2016-08-03 16:05 | 八ヶ岳 | Comments(0)

6月のリス

6月の八ヶ岳南麓。
朝からの梅雨の晴れ間。
小鳥やリスは大忙しでエサを食べ、食休みなのか辺りはしばし静かになる。
ふと窓の外を見ると、
寝てる?
a0091680_23045778.jpg



目は開いてるけど、意識は飛んでる?
時々、意識が戻り、視線を感じるのか少し移動。
a0091680_23045717.jpg


最後は目だけが覗いていた。
a0091680_23045763.jpg


たっぷり昼寝してから幹の反対側の枝にうつり、伸びをしたり、尻尾から背中から全身のカキカキとお手入れをして帰って行った。
a0091680_23045875.jpg



たまにしか来ないし、すばしっこくて直ぐに何処かに行っちゃうので、ゆっくり眺められてシアワセだった。

じっくり観察させてくれてありがとう。
これからも元気にね。
[PR]
by chatadon-06 | 2016-07-06 22:42 | 八ヶ岳 | Comments(2)

6月の幼鳥たち。

あっという間に7月が進む。。
取り急ぎ6月の画像を。

先月の八ヶ岳南麓は、
親鳥にくっついて飛び交うヒタキ類の巣立ちビナ、
a0091680_16263686.jpg

首の後ろに
a0091680_16263648.jpg

ホヤっと2〜3本残るうぶ毛がカワイイ。
a0091680_16263784.jpg


もう少し育ったけれどまだまだちゃんと翔べない幼鳥だけの群れもある。
a0091680_16263739.jpg

シジュウカラのチビ助がわんさか乱れ飛び交い、ヤマガラにけちらされたり。
a0091680_18334434.jpg


親なのか幼鳥なのか♂か♀かわからないヒタキっぽい若そうな鳥も。
a0091680_16263706.jpg

この縄の上の全く同じ場所で、昨年の今頃にはしっかり青いオトナのオオルリ♂を見かけたけど。。。
アナタは誰?

バタバタと危なっかしく飛び交うシジュウカラのチビさんたちの周囲にはエナガやメジロ、コゲラの幼鳥(?)の姿もあった。



[PR]
by chatadon-06 | 2016-07-05 16:13 | 八ヶ岳 | Comments(0)

梅雨。

緑の田んぼとつかの間のまばゆい青空。
a0091680_14554532.jpg


いつも麗しい南麓の景色だったが、お気に入りのスポットに水田がどんどん減って来ている。
雨の中、清里の新しいレストランに見学がてらパンを買いに行った。
a0091680_14554567.jpg


若いご夫婦のお父様が、20年前からコツコツと建てたと言う、素晴らしく良い感じの建物。
雨の中、雰囲気抜群。
a0091680_14554655.jpg



そのうちランチに行ってみよう。。


時折の晴れ間にヤマボウシの花が輝き、
a0091680_14554647.jpg


ふと窓の外を見ると
リスがお昼寝中。
a0091680_14554691.jpg


シジュウカラのひな鳥たちが「こけつまろびつ」危なっかしく飛び交う八ヶ岳南麓の梅雨だった。










[PR]
by chatadon-06 | 2016-06-26 14:29 | 八ヶ岳 | Comments(0)

自宅で使っている無傷の丼が一つしかなくなった。何かと不便だ。

がしかし、これは千載一遇のチャンス!

「どーせ丼買うなら多治見とか瀬戸とか行って見たい!」と言い張って八ヶ岳南麓の小屋から連れて行ってもらう事になった。

でも、日帰りで往復してどんぶり買ってくるだけじゃ忙し過ぎてツマラナイので、一泊。
どこか良いところないかな?と行く先の周辺検索して見ると。

あらら。
気持ち良さそうな笹原のハイキングコースの画像が。
中央アルプスの南端、恵那山系にある富士見台高原を初めて知った。

近隣にはロープウェイとかリフトとか書いてあるし、健脚ならぬ「軟脚」な私達にぴったりな寄り道なのでは。。。と、
何やかや調べた末、ロープウェイとかリフトとか乗ってる費用があればどんぶりが何個も買えそう(なぜか丼換算)なので、ちょっと手強そう(かもしれない)林道を先の方までドライブして峠まで入り、さらに少し歩くことにした。

八ヶ岳南麓から中央道を名古屋方向へ向かい、恵那山トンネルを抜けてすぐに下り、Uターンして山道を中央道と平行に戻り、神坂峠から登るハイキングコース。
(中央道の神坂パーキングエリアの名がこの峠に由来すること、更にこの峠が古代東山道の由緒ある峠らしい、と初めて知った。)

目指す富士見台高原の最高地点は、恵那山トンネルの真ん中あたりの真上、長野岐阜県境付近にあるらしい。

久しぶりのこんな看板。
a0091680_15293754.jpg


ステキ♡
a0091680_15293883.jpg



舗装道路なのだが、アスファルトが両側からボロボロ崩壊していて幅員がだいぶ狭くなってる。
a0091680_15293834.jpg

a0091680_15293811.jpg



あっけにとられるような急傾斜をヘアピンでぐんぐん上がるうちに、緑一色だった夏景色は芽吹きの淡い緑までまきもどる。

神坂峠(みさかとうげ)の数台の駐車場に車を停め、どーんと大きな恵那山を望みながら小一時間ほどで360度の大パノラマ。
大展望の真ん中の広い笹原の道は天国気分。

南アルプスを端から端まで見渡せ、
a0091680_16002316.jpg


北を見ると噴煙を上げる木曽御嶽、
a0091680_16002381.jpg

右奥に乗鞍が霞がちに蒼く美しく浮かぶ。
a0091680_16002495.jpg


御嶽山火口から垂直に立ち上る噴煙は山頂の高さから真横に流され、雲の連なりとなってながく長くたなびいて行く。
a0091680_16002448.jpg


一面のチシマザサの原を歩くと、少し歩くごとに別の方角からウグイスが囀る。この広さだから、ウグイスは無数にいるだろうな、と笹原を見下ろしながら思いつつ、久しぶりのアウトドア飯を堪能した。
a0091680_16002498.jpg

↑真ん中奥の方に八ヶ岳の主峰、赤岳も見えるそうだが、どれだかわからない。

峠からの下り口付近では何だか文句言われたような?
a0091680_16002420.jpg


お見送りをうけ、
a0091680_16002523.jpg

丼を求めて一路、来た道を下山。
a0091680_16002551.jpg

宿のある多治見市に向かう。


南飛騨、三河、南信。
こんな感じのところなんだ〜、と新鮮。


…続く。。。。


ところで、日本百名山のうち23座が見えるという富士見台高原からは、富士山は見えない。

一説には
富士が見たい。
ふじみたい。
富士見台。。。だとか。



[PR]
by chatadon-06 | 2016-05-23 14:56 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

修行中。

10日ほど前、八ヶ岳南麓の小屋。

夫が、「今、小屋の裏を小さな自信なさそうな声で、ホーケキョ、と下手なさえずりが通過した」と言うので、立ち回り先になりそうな方向の、窓の外を狙ってカメラを構えた。

いつかウグイスを見かけたあたりを、本当に小さな声でケキョケキョ…とかいいながらあっという間に通り過ぎて行った。
a0091680_23510663.jpg


ガラス越し、録画からの切り出しなのでイマイチだが、ぷっくりカワイイ。。
a0091680_23510766.jpg


これから春たけなわ、さえずりの修行を重ねてこの次は夫の口笛に負けないような大声でさえずってみせてね。



[PR]
by chatadon-06 | 2016-04-01 23:31 | 植物・動物 | Comments(0)

2月のミヤマホオジロ

八ヶ岳南麓、2月末の散歩道で。

道の脇に飛んできたミヤマホオジロ。
何かくわえている。。
a0091680_23020603.jpg



なんだかわかんないけど、
美味しそうなもの。



でも…
ちょっとばかり大きすぎるんでないかい?
a0091680_23020633.jpg


[PR]
by chatadon-06 | 2016-03-14 22:56 | 八ヶ岳 | Comments(0)

春のリス

八ヶ岳南麓のご近所リス。

何故か良く、こちらに背中を向けている。

ある時はまるで小トトロ。
a0091680_22575639.jpg




がしかし、

その直後には
a0091680_22575761.jpg


脇がかゆいおっさん。。

[PR]
by chatadon-06 | 2016-03-08 22:49 | 八ヶ岳 | Comments(0)

雪の予報続きの八ヶ岳南麓。

今頃はすっかり雪に覆われた南麓で、エサを探して苦労しているだろうな。
飢えや寒さに命を落すものも居るかも知れない。

南麓の気候も以前とはかなり変わってきているが、気候の変動に応じて、生き物達は適応し、淘汰されていくのだろう。

でも、出来ることならそれぞれの小さな命すべてに輝きを全うさせてやりたいものだ。


一月半ばの南麓の小屋の庭に居たみんなは元気で居るだろうか?

歯磨きする夫をすぐ外で見上げながら、凍りかけてる寒風の中の水入れで水浴びして居たヤマガラ。
a0091680_22521181.jpg

みんなを蹴散らすゴジュウカラ。
a0091680_23574125.jpg

今までほとんど来なかったのに、この時はやたらよく来ていたコガラ。
a0091680_22521129.jpg


a0091680_23574282.jpg


庭の端の、ルリビタキと同じコースを巡回するらしいジョウビタキ。
a0091680_23574296.jpg

食べ終わったクルミの殻の行方を見送っていたリス。
a0091680_00000083.jpg



みんな頑張れ。
[PR]
by chatadon-06 | 2016-01-29 23:49 | 八ヶ岳 | Comments(2)

色違い。

昨年12月にとうとう完璧な青い姿を見せてくれた幸せの青い鳥、ルリビタキ。

正面顏が誰かにそっくり。。
a0091680_00425138.jpg



こちらは夏にやって来るキビタキ。
a0091680_00425103.jpg


配色を変えればまるっきり同じで、何だか笑ってしまう。





ところで…
こっちも幸せを運んでくれるだろうか?
たなくじ、お正月バージョン。
a0091680_00425235.jpg


(こちらは連写しちゃったので、青い鳥ほどあてにならないかも。)

[PR]
by chatadon-06 | 2016-01-05 00:42 | 植物・動物 | Comments(3)