タグ:動物 ( 116 ) タグの人気記事

春のリス

八ヶ岳南麓のご近所リス。

何故か良く、こちらに背中を向けている。

ある時はまるで小トトロ。
a0091680_22575639.jpg




がしかし、

その直後には
a0091680_22575761.jpg


脇がかゆいおっさん。。

[PR]
by chatadon-06 | 2016-03-08 22:49 | 八ヶ岳 | Comments(0)

雪の予報続きの八ヶ岳南麓。

今頃はすっかり雪に覆われた南麓で、エサを探して苦労しているだろうな。
飢えや寒さに命を落すものも居るかも知れない。

南麓の気候も以前とはかなり変わってきているが、気候の変動に応じて、生き物達は適応し、淘汰されていくのだろう。

でも、出来ることならそれぞれの小さな命すべてに輝きを全うさせてやりたいものだ。


一月半ばの南麓の小屋の庭に居たみんなは元気で居るだろうか?

歯磨きする夫をすぐ外で見上げながら、凍りかけてる寒風の中の水入れで水浴びして居たヤマガラ。
a0091680_22521181.jpg

みんなを蹴散らすゴジュウカラ。
a0091680_23574125.jpg

今までほとんど来なかったのに、この時はやたらよく来ていたコガラ。
a0091680_22521129.jpg


a0091680_23574282.jpg


庭の端の、ルリビタキと同じコースを巡回するらしいジョウビタキ。
a0091680_23574296.jpg

食べ終わったクルミの殻の行方を見送っていたリス。
a0091680_00000083.jpg



みんな頑張れ。
[PR]
by chatadon-06 | 2016-01-29 23:49 | 八ヶ岳 | Comments(2)

色違い。

昨年12月にとうとう完璧な青い姿を見せてくれた幸せの青い鳥、ルリビタキ。

正面顏が誰かにそっくり。。
a0091680_00425138.jpg



こちらは夏にやって来るキビタキ。
a0091680_00425103.jpg


配色を変えればまるっきり同じで、何だか笑ってしまう。





ところで…
こっちも幸せを運んでくれるだろうか?
たなくじ、お正月バージョン。
a0091680_00425235.jpg


(こちらは連写しちゃったので、青い鳥ほどあてにならないかも。)

[PR]
by chatadon-06 | 2016-01-05 00:42 | 植物・動物 | Comments(3)

青いルリちゃん。

12月半ばの八ヶ岳南麓。
朝ごはんを食べながら外を眺めていたら、そこへ通りすがりの鳥一羽。
ピラッピラッとからだを動かす特有の仕草。
青いような…

カメラの望遠で寄ってみると。
青ーいルリビタキ♡
a0091680_23564044.jpg


今まで見かけたルリちゃんズはみんな、♀なのか、
a0091680_23564069.jpg

はたまた若い♂なのか、キレイな青色は尾羽だけだった。
a0091680_23565659.jpg

⤴︎大台ケ原のこのルリちゃんはキレイな声で囀りっぱなしだったので若い♂。

でも今回来たのは、しっかり青い鳥。
そしてわきの黄色、腹の白。
キレイな色の真綿だけを集めて作ったようで、
ウットリ。

残念ながらガラス越しの画像なので拡大するとモヤモヤになるが、色の美しさは格別。

何年越しかで遂に♂成鳥に出会えた、「幸せの青い鳥」。
来年は希望に満ちた年にしてくれるだろうか?

a0091680_23583270.jpg




⤵︎今年の一月窓の外にいたこのルリちゃんは、背の羽根も青っぽいので若い♂かも。。今年一年かかってキレイな羽毛の♂に育ったのかも知れない。
a0091680_23564006.jpg

来年もまた、南麓の庭に来てくれるといいな。



[PR]
by chatadon-06 | 2015-12-28 22:45 | 八ヶ岳 | Comments(0)

覗き込まれる

12月中旬の八ヶ岳南麓の小屋。
ヤマガラが何かを警戒気味だったので観察していたら、薪小屋の中からリスが顔を出した。
カメラを構えたら引っ込んでしまったが、そのうちに…
a0091680_21522337.jpg
a0091680_21522303.jpg



a0091680_12271507.jpg


クルミを次々と大急ぎで運び去り、辺りに少し残っていたヒマワリを探して食べている。
…でもヒマワリはほとんどヤマガラのお腹の中。
a0091680_12271525.jpg



ウロウロと探し回り、こっちが見えている筈なのに家の中を覗き込む。
a0091680_12271566.jpg


なんか不満げだ。
それにしてもこんなに近くにいるのに。
食い気モード全開で、いつもの警戒心が吹っ飛ぶのだろうか?

一般的な印象、すばしこくて可愛らしい、のと同じくらいおマヌケそうでどんくさい、愛すべき生き物だ。
a0091680_12271548.jpg

↑秋のリス

でも、いつも思う。
「大丈夫なのか?それで」

[PR]
by chatadon-06 | 2015-12-26 12:20 | 八ヶ岳 | Comments(0)

空の巣症候群

子供が独立し、空の家にポツンと取り残されて鬱。。な精神状態を鳥の巣に喩えて
空(から)の巣症候群、と呼ぶらしい…が。


公園のオナガの巣。
a0091680_1146287.jpg
ヒナが何羽も居た。
a0091680_11462915.jpg


最近行ってみたら
ヒナが
みーんな巣立ってしまったらしい。

たぶん無事に成長し巣立ったはずなので目出度いことなのだが
…空の巣の画像見るだけでとっても寂しい。

喩えでなく、リアルな空の巣(…を見ると悲しくなっちゃう)症候群。
a0091680_11463041.jpg




実際は、オナガの親御さんたちは分散した巣立ちビナを追いかけてあちこち飛び回っているはずで、目の回るような忙しさに違いない。
a0091680_11463061.jpg

寂しいなんて言ってるのはニンゲンだけだろう。
人間ももっとシンプルに鳥さんの生き方を見習ったら良いのだ。

例えば…
巣立ちビナをアチコチ追いかけてエサをやる。…のに学んで、

新入社員の息子の会社に毎日お弁当を届ける、とか。
(…違)



a0091680_11463169.jpg

↑ウチのご近所のオナガさん。成鳥?
色合いが美しいな〜
[PR]
by chatadon-06 | 2015-07-11 11:46 | 植物・動物 | Comments(0)

リスの夢…の続き?

前記事、「リスの夢」の続きです。
画像はイメージで、内容は(たぶん)事実とは異なります。



「爆睡だったよ。どんだけ大物だよ。」
…新人研修の後、先輩に揺り起こされた。
まさか、会社辞めて、いやニンゲン辞めて気持ちよくリスになった夢見てました、とも言えず、平謝り。

それにしてもリアルな夢だった。


目覚めた今も、人間の記憶の裏側に体の感覚としての「森の記憶」=鼻腔一杯に森林の香りを吸い込みながら緑の梢に向かって駆け上がり、青空の中をつぎの大木に向かって飛び渡る時の光景が焼きついている。
a0091680_1327119.jpg
巡る季節も
a0091680_13362820.jpg

静かな冬の森の、枝から落ちる粉雪のかすかな音もそこにある。
a0091680_13271599.jpg



もしかしたら、ホントに
さっきの夢の中でリスと入れ替わったのかもな、と苦笑い。
え?じゃ、今のオレってリスで、ホントのオレはリスの体の中ってこと?
こりゃいいや。
ホントのオレはもう会社に来なくて良いんだ。

…でも、そんな「夢の中のリスの記憶」も吹っ飛ぶ、待ちに待った昼飯。
研修中の昼寝とランチの後のコーヒーで頭がスッキリした。
いつもより冴えてる気がするゾ。
リスどころか(笑)、人間としてもかなり頭脳明晰なほうだぞ、きっと。

その証拠に、
何ヶ月も前のことが鮮明に思い出せる。


例えば…


雪の中、


あのカラマツの根元に






a0091680_1336275.jpg



クルミを埋めた時のこと、とか。



a0091680_1336276.jpg


。。。。。。。。。。!?

[PR]
by chatadon-06 | 2015-07-05 12:51 | …な〜んてね。 | Comments(0)

リスのごめん寝

6月中旬、八ヶ岳南麓の小屋。
朝のうち元気に跳びまわっていたリスが、裏の木の枝でじっとしている。
しばらくしてから
…まだじっとしている。
カメラで拡大してみると…




a0091680_19114279.jpg
ああ、おばさんこっち見てるのに。
a0091680_19114583.jpg
ダメ、もう。
a0091680_19114595.jpg
目、あいてるからね。寝てないからね。

a0091680_19114683.jpg

…と、目を開けたまま爆睡中のもよう。
そのまま30分ほどお昼寝タイムだったらしい。

a0091680_19114339.jpg

a0091680_19114392.jpg

猫が額をつけて寝るのを「ごめん寝」、というらしいが、
a0091680_1911442.jpg

リスのごめん寝。。。

[PR]
by chatadon-06 | 2015-06-26 19:09 | 八ヶ岳 | Comments(2)

以前、自生種の野イチゴ2種類をを八ヶ岳南麓の庭に植えた。
シロバナノヘビイチゴとノウゴウイチゴ。

その後イチゴちゃんたちはランナーを伸ばして歩き回りいや、移動しまくっていたが、庭の雑草に覆われ、草刈り機で刈り払われ、工事で掘り返され、と散々な扱いを受けた。ノウゴウイチゴはそれらしき葉を何枚か見かけたが、花が咲かないので確認できず。
唯一庭に残っている「保護地域」にシロバナノヘビイチゴだけ健在。
a0091680_00002404.jpg


毎年、時期が合えば赤い実を見かける。
ただし、ほったらかしで狭い範囲にぎっしり茂っているせいか、余り実が大きくならない。
それでも今月初めの南麓で、初めて収穫。
その数、21粒。
a0091680_00020348.jpg




カップの中で砂糖をまぶし、ラップをして焦げないように監視し、レンジで数十秒。
翌日の朝ごはんに食べた。
a0091680_00002438.jpg

a0091680_00002441.jpg



コーヒースプーン一杯にもならない量なのに、濃厚すぎるくらいのイチゴの香り。
くっきりと「苺味」を主張する美味しいジャムだった。
数日後、二回目の収穫。
ムリに採った白っぽい実も多かったが、同じように香りは濃厚。
a0091680_00002442.jpg


少し耕して保護地域を広げようか、と思ったくらい、香り濃厚なシロバナノヘビイチゴのジャムだった。

ノウゴウイチゴも探し出して(無事だったら…)植え直してやろうかな?


ジャムを食べながら外の林を眺めていたら、遠くで何かがゴソゴソしている。
カメラで拡大。
リスが地面を掘って何かを食べているらしい。
a0091680_00002476.jpg


鼻のあたりが黒くなってて泥棒ヒゲ。
a0091680_00002596.jpg



横を向くとカピバラみたい。
a0091680_00002507.jpg


後で現場を確認しに行けば良かったな…
忘れてしまって残念。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-06-19 23:56 | 八ヶ岳 | Comments(0)

10日ほど前の八ヶ岳南麓への道すがら、首都高から。
雲の切れ目からいく筋もの光が真下に射す。
初めて見る景色だ。
a0091680_11402498.jpg


(甲府盆地に入っていく時に良く、光がまっすぐ市街地に射す風景を見かけるが、こんなに沢山、真下に射す光が並ぶのは見かけない。)

薄暗くなってから八ヶ岳南麓の小屋にて。
裏側の窓を開けると。。

少し離れた所にある沢の方角から鳥が飛んで来て、見通しの良い位置の枝にとまった。
a0091680_11402436.jpg

あれ?
と思い撮るが、暗くて遠い。
拡大してみると。。青い。
a0091680_14212782.jpg


オオルリ君、さえずらず静かになっているが近所で子育て中なのかな?窓を開ける音に反応して監視に来たのではないかと思う。

翌日、朝ご飯にきゅうりを刻んでいたら、キッチンのすぐ目の前の木にオオルリが!
残念ながら撮れなかったが、初めてすぐそばでオオルリ♂を見た。
もう一生あんなにそばで見られないだろうな。。…orz

翌日から、カメラを脇に置いてきゅうりを刻んで見たが(…?)、もう来ることはなかった。

朝になって監視(ニンゲンを)とお出迎え(…クルミを)に出てきたリス。
a0091680_14130126.jpg

ヒメクルミを、くるくる回して、
a0091680_14130268.jpg

とんがった方を口から出してくわえる。
a0091680_11402429.jpg



みんな、もっとどんどん監視に来てね!




[PR]
by chatadon-06 | 2015-06-17 14:20 | 八ヶ岳 | Comments(0)