新緑!青空!

ひさーしぶりに見たような気がする、青空。
例年になく早く新緑が進み、朝はすぼんだ傘のようだったオオモミジやミズナラの新芽が夕方には小さな葉の形に開いていた。
窓の外を見るだけでため息が出るような、八ヶ岳南麓のベストシーズン。
a0091680_21552170.jpg



窓を開けるとビュンビュンあたりを飛び回っていたキビタキが近くの葉陰まで来て文句をつける。

満開を過ぎかけたサクラソウが揺れる南麓の庭を後にした今日。
a0091680_21552399.jpg


甲斐駒ケ岳の残雪の星型が今年はもう消えていたようだ。
a0091680_21552355.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-05-06 21:34 | 八ヶ岳 | Comments(2)

アトリからオオルリへ

4月中旬の八ヶ岳南麓。
渡り鳥、通りすがりの鳥篇
小屋に着いたとたん、庭にアトリ発見。
a0091680_13211741.jpg


頭がだいぶ黒く変わった♂と♀のペア。
あれれ?まだいるの?冬鳥でしょ?
a0091680_13211892.jpg


一方、少し下に降りるともうツバメが営巣中。
a0091680_13211811.jpg



朝ごはんを食べていると庭を通りかかった、青い尾羽はルリビタキ。
この辺りにずっといたのかな?
それとももっと標高の高い営巣地を目指して山を登る途中?
a0091680_13212072.jpg



そして晴れた日に沢の上の枝でさえずる鳥を撮ってみると。。。
青い!
初めて撮ったルリ色のオオルリに感激。
(オオルリは巣しか撮ったことがなかったのだ。)
a0091680_13211657.jpg



翌日のオオルリ君。
遠〜〜くの木の天辺で独唱中。
豆粒のように小さいが、ハッキリと瑠璃色。
a0091680_13211778.jpg



のんびり渡る冬鳥と気の早い夏鳥の同居する、季節の変わり目、4月半ばの八ヶ岳南麓だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-27 12:18 | 八ヶ岳 | Comments(0)

遅咲きのサクラ

八ヶ岳南麓4月半ばの桜。
例年より早く満開を迎えて、神代桜や王仁塚のサクラより遅く咲く、違うスポットの桜の満開を鑑賞出来た。

昔から、すぐそばの物置風の建物が残念な東原のイトザクラ。
a0091680_1225693.jpg

a0091680_1225790.jpg

a0091680_122578.jpg
古木になり見事な風格が出て来た。


そしてだんだん小さく寂しげになって来てしまった神田の大イトザクラ。
a0091680_1225878.jpg


大イトザクラの背景、八ヶ岳方向には(未確認だが)メガソーラー建設中?
a0091680_122596.jpg
左下拡大
a0091680_1225911.jpg
(他にも林が刈り払われてソーラーパネルだらけになりそうな所を見かけた。)
それでも、富士山をバックに南アルプスの山々に向かい合い、健気に咲く
大イトザクラ。
a0091680_123013.jpg


昔、両親が南麓に小屋を建てたころから存在は聞いていたのに、元気な時に見にきていればと悔やむが、往年の姿を知っていたらもっと切なかっただろう。

富士山の麓から買って来たフジザクラも、今年はやたらに早く咲いた。
a0091680_123164.jpg


珍しく、遅咲きのサクラ達の花盛りに出会えた今年の春だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-26 22:55 | 八ヶ岳 | Comments(0)

またまた曇天

このところ、ようやく晴れ間の見えた八ヶ岳南麓。
昨夕は、春らしい雲の多い青空ながら極上の夕焼け。
時折薄雲をまとう夜空には驚くほど大きな星々が光っていた。
a0091680_1442462.jpg

a0091680_1442530.jpg


なのにまた今朝は曇天。
時折大粒の雨。
こんな晴れ間のない春に来たのは、は
じめてかもしれない。

いつもより早く新緑のカラマツに、この先晴ればっかりだったら悔しいな、と思いつつ帰る中央道は新緑真っ盛りだ。
a0091680_1442493.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-19 14:32 | 八ヶ岳 | Comments(2)

雨ばかり。

先週の八ヶ岳南麓。

今年は例年よりはるかに芽吹きが早いが、時折凍えるような寒さが訪れたり、気温の変化がめまぐるしい。
そして何しろ雨がよく降る。
中旬にはいっても寒い日はみぞれになる。
せっかくの晴れの日曜日だけ、用事で出かけられなかった。涙。

雨の中でも新緑は着々と進むのだが、せっかくの淡い緑も今ひとつ映えない。
今年は柳?の新緑も早い。芽吹き間近の梢は赤や黄緑の色合いが濃くなって来て美しい。カラマツの梢も緑がかってきたような。。
a0091680_17204499.jpg


鳥たちは雨の中でも餌を求めて飛び交うが、羽毛の表面だけはぐっしょり濡れている。
今シーズン「つくり納め」の薪ストーブ料理を美味しいパンで。
a0091680_17204920.jpg



押し寄せては薄れる濃霧の中、アブラチャンの新芽の向こうは雨に濡れるカラマツの幹。
a0091680_17205213.jpg
a0091680_17205894.jpg

雨続きの森の中でも少し小降りになるとヤマガラがやって来た。たまにリスの姿も見かけた。
これから巣作りの時期なのに、こんなに雨ばかりの年は、苦労しそうだなぁ。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-04-14 16:35 | 八ヶ岳 | Comments(2)

春爛漫

あちこち季節の歩みの違うところを動き回っていると、今居る場所の季節の歩みが把握できなくなる。

このところ、自宅付近では冬鳥を見かけなくなり、スズメやコゲラが巣作りを始めている。

気温が低めだった何日かの間、じっと開花をこらえていた自宅地方の桜が、昨日からの暖かさで一気に弾けるように開花。
あっという間にもうすぐ満開らしい。
(以前荘川桜を見に行った時、1日で一分咲きから満開になったことを思い出した。)
a0091680_021766.jpg


ソメイヨシノの紅葉は好きだが満開の白っぽい花はそれほどでない。(ひねくれ者)
でも、咲きはじめのピンクの蕾混じりの俯き加減の風情や桜吹雪は大好きなので、急いで例年のポイントで撮る事にした。
a0091680_021759.jpg


びっしり白い花に埋め尽くされる風景より、枝に散りばめられた小さなピンクの花束が風に揺れるような今の時期の風情がやはり好きだ。

桜の上の青空に、昼の月が白く浮かんでいる。
a0091680_021877.jpg


そう言えば4月4日は皆既月食。
でも、お天気は悪そうで残念。






[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-31 00:02 | 季節 | Comments(0)

木下沢(こげさわ)梅林

八ヶ岳南麓から帰るときにいつも気になっていた、高速のすぐ脇の斜面とその上に続く一面の緑。
甲府方面からの上り線、中央道と圏央道が交差する八王子ジャンクションのすぐ手前。
果樹、多分梅らしいと思って見ていたが、ある年、花の時期に横を通った。

実をとるための梅園にしては色とりどりで濃い色の紅梅が多いし、ベンチがあるようだ。
でも、庭園や公園にしては梅ばかりで他の木がない梅林。

花の時期に行ってみたいな、でも入れるのかな?…なとど通るたび思っていたが
南麓の帰り、3月初めに見かけたときは紅梅と白梅が3、4本咲き始めているのがみえた。

先週末、夫がどこか梅の花でも見に行くか、と言い出したので、それじゃあ、と検索。
あれこれ検索して見ると、八王子市の木下沢(こげさわ)梅林、だと判明。
特別開放は春の花の時期のみ。(今年は3/29まで)今週水曜日がお天気の予報。
わ〜い、わ〜い!と、嬉々として出かけた。

少し霞んだ空だったが、
オオイヌノフグリの空色と紅、ピンク、白の一面の梅の天井。
a0091680_14444363.jpg


桜と違って寒風に咲き、春たけなわには散ってしまう梅の心意気を感じる、6〜7分咲きの梅の花の清々しい美しさ。
a0091680_144533100.jpg



庭園とも果樹園とも違う、きちんと手入れはされているものの自然な感じの梅の樹形が連なる斜面が面白い。
なんだか不思議な風景。
そして、高速のすぐ横斜面はこんな感じ。(でも裏側に回り込むと見えない。)
a0091680_1445699.jpg


斜面の下には電車も。
a0091680_14451788.jpg



この梅林のある丘はなんと、中央道の小仏トンネルを掘ったときの土砂らしい。
a0091680_14453788.jpg
不思議な成り立ちの丘にふさわしくどこか不思議な美しさの春の風景だった。
a0091680_20134256.jpg


(途中で買ったお昼ご飯のおにぎり360円。巨大。
a0091680_14453992.jpg
それなりに美味しかっだけれど、おにぎりの具にサラミはちょっと無理があるかも。具の大根をも少し多めにしたほうが。。
夫の角煮おにぎり、高菜キムチマヨネーズ入り270円の方が好みだったかも。)
[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-19 14:38 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

メンテナンス終了

珍しくひな祭り翌日には雛人形を片付けた。
a0091680_2328222.jpg


持ち主と同じでそろそろアンティークの域に達するくらい古い雛人形なので、取れたり剥がれたり。

何年も見て見ぬふりをしていたが、今年は補修を実施。

三人官女と右大臣と橘と雪洞(ぼんぼり)の補修完了。
a0091680_2328189.jpg


(官女用の柄杓は金属製で、先の部分は私の小指の爪の半分以下の大きさだ。)

舞台裏、仕事の後の一服という雰囲気。
こっちも歳をとったせいか、
三人官女と左大臣が
a0091680_2328392.jpg

「今年の節句も終わりましたなあ」
とかシルバーな会話をしてるふうに見える。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-04 22:42 | 季節 | Comments(0)

雪、雨、雪

ようやく2月上旬の記事が終わったばかりだけど、引き続き先週末からの八ヶ岳南麓。

(すでに帰途だが…orz)

寒いほどお得フェア最終日、28日。
南麓へ向かう高速上でチェックすると
暖かかった前日とは違い、30パーセント引き。
これはもう買うしかない。
…とコーヒーを買い込む。

翌 3月1日の朝は雪景色。
…でもみぞれ混じりで雨に変わり小降りになったのでパンの買い出しに。
帰って来てから外を眺めているうちに雪に。
気温が高めのせいか巨大なぼたん雪が降りしきり、うしろの景色が写らないほど。
a0091680_1351134.jpg


雪はみぞれになったり雨になったりめまぐるしい。
積もったり溶けかけたり、ザクザクした幾何学模様のカキ氷状になったり。
寒々しいけれどいかにも春間近らしい、季節の変わり目のお天気。
a0091680_1351273.jpg


昼間からストーブを焚き、南麓の美味しいものを並べて籠城の日曜日だった。

a0091680_135128.jpg



☆コンプレ堂さん、
4月から日曜日の販売は
スコヤコーヒーさんでのみ、
になるようです。
a0091680_1351442.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-03 13:04 | 八ヶ岳 | Comments(0)

2月上旬の八ヶ岳南麓

季節は少し前に遡るが、
2月上旬、八ヶ岳南麓。

雪の残る庭には
ミヤマホオジロ
a0091680_21544745.jpg


ヤマガラが持って行くところを観察したくて殻つきピーナッツを置いておいたら、こちらがご執心。
a0091680_2155416.jpg


普段の警戒心を忘れて窓の近くで夢中で食べるカケス。
a0091680_21551331.jpg



遠くの木の下枝に寒風の中ふっくらと羽根を膨らませてとまるジョウビタキ♂
a0091680_21552599.jpg



八ヶ岳ブルーの空を背景に甲斐駒ケ岳の頂きの星の雪形が白く輝く。
a0091680_21553031.jpg


小屋の窓から見る白い甲斐駒ケ岳を背景に、ダンコウバイの蕾が光る。
a0091680_21554216.jpg


寒さ厳しい、光の春。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-02-28 21:54 | 八ヶ岳 | Comments(0)