木下沢(こげさわ)梅林

八ヶ岳南麓から帰るときにいつも気になっていた、高速のすぐ脇の斜面とその上に続く一面の緑。
甲府方面からの上り線、中央道と圏央道が交差する八王子ジャンクションのすぐ手前。
果樹、多分梅らしいと思って見ていたが、ある年、花の時期に横を通った。

実をとるための梅園にしては色とりどりで濃い色の紅梅が多いし、ベンチがあるようだ。
でも、庭園や公園にしては梅ばかりで他の木がない梅林。

花の時期に行ってみたいな、でも入れるのかな?…なとど通るたび思っていたが
南麓の帰り、3月初めに見かけたときは紅梅と白梅が3、4本咲き始めているのがみえた。

先週末、夫がどこか梅の花でも見に行くか、と言い出したので、それじゃあ、と検索。
あれこれ検索して見ると、八王子市の木下沢(こげさわ)梅林、だと判明。
特別開放は春の花の時期のみ。(今年は3/29まで)今週水曜日がお天気の予報。
わ〜い、わ〜い!と、嬉々として出かけた。

少し霞んだ空だったが、
オオイヌノフグリの空色と紅、ピンク、白の一面の梅の天井。
a0091680_14444363.jpg


桜と違って寒風に咲き、春たけなわには散ってしまう梅の心意気を感じる、6〜7分咲きの梅の花の清々しい美しさ。
a0091680_144533100.jpg



庭園とも果樹園とも違う、きちんと手入れはされているものの自然な感じの梅の樹形が連なる斜面が面白い。
なんだか不思議な風景。
そして、高速のすぐ横斜面はこんな感じ。(でも裏側に回り込むと見えない。)
a0091680_1445699.jpg


斜面の下には電車も。
a0091680_14451788.jpg



この梅林のある丘はなんと、中央道の小仏トンネルを掘ったときの土砂らしい。
a0091680_14453788.jpg
不思議な成り立ちの丘にふさわしくどこか不思議な美しさの春の風景だった。
a0091680_20134256.jpg


(途中で買ったお昼ご飯のおにぎり360円。巨大。
a0091680_14453992.jpg
それなりに美味しかっだけれど、おにぎりの具にサラミはちょっと無理があるかも。具の大根をも少し多めにしたほうが。。
夫の角煮おにぎり、高菜キムチマヨネーズ入り270円の方が好みだったかも。)
[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-19 14:38 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

メンテナンス終了

珍しくひな祭り翌日には雛人形を片付けた。
a0091680_2328222.jpg


持ち主と同じでそろそろアンティークの域に達するくらい古い雛人形なので、取れたり剥がれたり。

何年も見て見ぬふりをしていたが、今年は補修を実施。

三人官女と右大臣と橘と雪洞(ぼんぼり)の補修完了。
a0091680_2328189.jpg


(官女用の柄杓は金属製で、先の部分は私の小指の爪の半分以下の大きさだ。)

舞台裏、仕事の後の一服という雰囲気。
こっちも歳をとったせいか、
三人官女と左大臣が
a0091680_2328392.jpg

「今年の節句も終わりましたなあ」
とかシルバーな会話をしてるふうに見える。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-04 22:42 | 季節 | Comments(0)

雪、雨、雪

ようやく2月上旬の記事が終わったばかりだけど、引き続き先週末からの八ヶ岳南麓。

(すでに帰途だが…orz)

寒いほどお得フェア最終日、28日。
南麓へ向かう高速上でチェックすると
暖かかった前日とは違い、30パーセント引き。
これはもう買うしかない。
…とコーヒーを買い込む。

翌 3月1日の朝は雪景色。
…でもみぞれ混じりで雨に変わり小降りになったのでパンの買い出しに。
帰って来てから外を眺めているうちに雪に。
気温が高めのせいか巨大なぼたん雪が降りしきり、うしろの景色が写らないほど。
a0091680_1351134.jpg


雪はみぞれになったり雨になったりめまぐるしい。
積もったり溶けかけたり、ザクザクした幾何学模様のカキ氷状になったり。
寒々しいけれどいかにも春間近らしい、季節の変わり目のお天気。
a0091680_1351273.jpg


昼間からストーブを焚き、南麓の美味しいものを並べて籠城の日曜日だった。

a0091680_135128.jpg



☆コンプレ堂さん、
4月から日曜日の販売は
スコヤコーヒーさんでのみ、
になるようです。
a0091680_1351442.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-03 13:04 | 八ヶ岳 | Comments(0)

2月上旬の八ヶ岳南麓

季節は少し前に遡るが、
2月上旬、八ヶ岳南麓。

雪の残る庭には
ミヤマホオジロ
a0091680_21544745.jpg


ヤマガラが持って行くところを観察したくて殻つきピーナッツを置いておいたら、こちらがご執心。
a0091680_2155416.jpg


普段の警戒心を忘れて窓の近くで夢中で食べるカケス。
a0091680_21551331.jpg



遠くの木の下枝に寒風の中ふっくらと羽根を膨らませてとまるジョウビタキ♂
a0091680_21552599.jpg



八ヶ岳ブルーの空を背景に甲斐駒ケ岳の頂きの星の雪形が白く輝く。
a0091680_21553031.jpg


小屋の窓から見る白い甲斐駒ケ岳を背景に、ダンコウバイの蕾が光る。
a0091680_21554216.jpg


寒さ厳しい、光の春。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-02-28 21:54 | 八ヶ岳 | Comments(0)

初・寒いほどお得フェア

あっという間に雪が積もった日曜日。
a0091680_1454363.jpg
夕刻には突然の濃霧が押し寄せた。
a0091680_14543779.jpg

少し淡くなったり急に濃密になったり、地表近くは濃霧なのに上空は見通しが効いたり。
やがて薄らいだ霧に光を差し込みつつ夕陽が沈んだ。
a0091680_14543722.jpg


月曜日には八ヶ岳ブルーの空と厳しい寒さが復活。
寒いほどお得フェアは50パーセント割引決定…
だったが、お目当てのお店は月曜定休。

でもまあ、フェアは置いといて、南麓でのお楽しみ、パン屋さん通い。
雪とつららの張り付いた車で出かける、日盛りの外気温はマイナス3度。
フロントガラスの水分がエキゾチックな模様を描いてみるみる凍りつく。
あまりの寒さのせいか、コンプレ・パンは種類豊富に並んでおり、例によって、「定期健診日が何日後」だとか気にしつつも色々と買い込む。
a0091680_14543831.jpg


火曜日。。
昨夜の天気予報ではこの冬最強の寒気が通過、とのことなので期待しつつ待つと...50パーセント割引!

いまひとつ乗り気でなさそうな夫に協力をお願いして(=別に行かなくても良いんだけどな、と何度も言う。)寒いほどお得フェアに初参戦。
興味深々のコーヒー屋さん、豆玄へ。
店に入ると、興味なさそうなこと言ってた夫も、あれと、これ、とか結構乗り気で豆を選ぶ。
a0091680_145438100.jpg

a0091680_14543958.jpg


昨年お店を建てている時から気になっていた2本の煙突うちの片方が二階テラス席横の屋外ストーブのものだと知り、楽しい驚きの後、買い物に山を下り、いつもながらの寒中絶景を震えながら堪能し、
a0091680_14543914.jpg

小屋に帰ってから夕暮れの散歩をする。

今朝は引き続きの快晴だが、春の兆しを感じる風も弱くうららかな、少し霞んだ空。
八ヶ岳おろしが吹き荒れた昨日までとはうって変わって庭は常連の小鳥達で賑やかだった。

そんな良い日よりなのに、残念ながらコーヒー3袋と、「よってけし」で買った地元産のプリムラの花3株を車に積んでもう帰り道。
a0091680_14544017.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2015-02-11 14:53 | 八ヶ岳 | Comments(4)

来年の年賀状(右)と、一回り前のひつじ年の年賀状。
a0091680_1635405.jpg


同じ作者のデザインだそうだ。

12年前、マフラーを編んでいた羊さん。
年賀の文字のまわりは毛糸玉。下の方には目標のマフラー?
a0091680_16354284.jpg


12年後の来年、マフラーは編み上がり。。
a0091680_16354126.jpg
年賀の文字の周りに輪になった編針やかぎ針、棒針が。
そして、一番下を見ると、帽子と手袋。
a0091680_16354127.jpg
12年で色々編んでたらしい。

次のひつじ年までの干支のひとまわり…
みんなが幸せに、平和に過ごせる12年間でありますように。



…ところで、
私、12年前の今ごろ何をしていただろう?
そして12年後、何しているだろう?


…12年前も12年後も、今みたいに大掃除や片づけや年賀状から逃避中なのだけは確実だな。。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-12-26 13:34 | 感慨 | Comments(2)

今日も絶景だった。

週末、冬支度に急行した八ヶ岳南麓。
このところの冷え込みに自宅で焦っていたが、前回ほとんどの凍結防止はしてあったので、残りはなんとかギリギリセーフ。

定点観測、八ヶ岳高原大橋からの八ヶ岳は何時もながらの冬の絶景だった。

a0091680_2337616.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2014-12-07 23:18 | 八ヶ岳 | Comments(2)

片付けの合間に行ってきた、八ヶ岳南麓の小屋。
雨模様の日が何日か続き、ようやくの秋空。
a0091680_14463215.jpg


毎年のことながら、黄金色の田んぼと秋空、山々の織りなす景色は見事。
a0091680_14463360.jpg



標高1000メートルあたりから上は、早くもサクラやカツラが色づき始めていた。
a0091680_14463456.jpg


今日も素晴らしい青空と山々を横目に残念ながら帰り道。

サヨナラ八ヶ岳。
a0091680_14463583.jpg


自宅に帰れば、まだまだ片付けは続く。。。


すぐ追記:
都内から自宅に着くまで所々で
a0091680_2332498.jpg

31度。


この気温で片付けしなきゃならないの?
なんで?
私、なんか悪い事した?
[PR]
by chatadon-06 | 2014-09-27 14:46 | 八ヶ岳 | Comments(0)

どうして判るの?

それまで何もなかった場所に突然茎が伸び、ご近所で一斉に花が咲く。
a0091680_236299.jpg


自宅近辺では呆れるほどタイミング良く秋のお彼岸に咲く、ヒガンバナ。
ヒガンバナが昔から墓地に多いのは、有毒なこの植物を周囲に植えることで墓を荒らす動物からまもったとの説を読んだことがある。

けれど、秋のお彼岸に合わせて突然姿を現し、秋空のもとに一斉に咲くこの花は、誰が植えたのでも無くひとりでにそこに現れる「向こう岸」からの季節の挨拶のように思える。
この世への想いが花となって生まれ出たような。。

「元気にくらしてますか?
今年ももう秋になりましたね。」
…と。。

a0091680_236330.jpg



ところで、ヒガンバナはなんでお彼岸が判るのだろう?
昼と夜の時間がほぼ等しくなるから?

ヒガンバナに尋ねてみても
「当たり前じゃない、そんなこともわかんないの?」
とか言うだろうな。

夏と冬とのちょうど真ん中は、実りの季節でもある。
歩道にはドングリがゾロゾロ。
a0091680_236491.jpg


しっかり焦茶に色づいて、完熟。
a0091680_236475.jpg



庭のヤマボウシもいつの間にか色付き始めていた。
a0091680_236568.jpg



今年は秋が駆け足でやってくるようだ。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-09-17 23:06 | 季節 | Comments(0)

もう秋。

先週から滞在したお盆過ぎの八ヶ岳南麓。昨日まではとにかく蒸し暑かった。
そして天気がぐずついていた。
朝起きるとあたりが真っ白な日も多く、
a0091680_15164868.jpg

小屋の手入れがらみでのホームセンター巡りのほかはパン屋巡りくらいしか出歩かなかった。
a0091680_15164761.jpg



帰りがけの今日、山々はすっぽりと黒い雲の中。
今朝からは、お天気は相変わらずだが気温がぐっと下がり、冷た〜い風が吹く八ヶ岳南麓。
キノコが庭のあちこちに生えて来た。
a0091680_15164554.jpg
a0091680_15164624.jpg

林の中は静かでひんやり、すっかり秋。

昨日、にわか雨の合間にようやく山々が姿をあらわしたので大急ぎでお気に入りのポイントへ。
雲の合間からスポットライト。
a0091680_15164397.jpg


真っ白な蕎麦の花。背景は鳳凰三山と北岳。
a0091680_15164455.jpg



こんなお天気でないと出会えない景色を満喫した。
この次には秋たけなわの景色…かな?
[PR]
by chatadon-06 | 2014-08-27 13:06 | 八ヶ岳 | Comments(0)