大きいのだろうか?

昨日の
「ウルトラスーパームーン」は全く見えず。

おととい、八ヶ岳南麓からの帰途、渋滞の中の
プレ・スーパームーン
a0091680_23521586.jpg


今日の夜、
ポスト・スーパームーンは朧月。
a0091680_23521644.jpg


月が、虚空に浮かぶ巨大な球体である事を再認識した夜だった。

追記:
2009年のある日の満月の画像↓と大きさを較べてみた。
梢の小枝のサイズを同じくらいに合わせて比較してみても、枝と自分の距離が違えばダメだよね〜。とか思いながら、
そうだ!、と、月のサイズが同じになるように揃えてしまった自分が居た。
a0091680_07194248.jpg


…駄目じゃん。それじゃ。


[PR]
by chatadon-06 | 2016-11-15 23:40 | おぉ~! | Comments(0)

伊吹山

5月10日南紀ドライブ旅行最終日。
せっかく彦根に来たのだから、と有名な彦根城と有名人(?)を見にいく。
a0091680_18302716.jpg

太いケヤキの門柱や天守閣の屋根の木組が見事。
a0091680_18302864.jpg

更に杮葺(こけらぶき)の屋根の葺き直し現場や外堀を守る櫓などあれこれ見て、当時の城が攻められることを前提にした防御の構えで出来ていることなどを実感。

せっかくのお天気が変わらないうちに、今回の旅行の最後のハイライト、伊吹山へ向かう。
あっちだこっちだと一般道を走るうち、行く手に、どん、とうずくまる山。
地図で確かめるまでもなく、あれが伊吹山とわかる。

伊吹山ドライブウェイで新緑の山上へ一気に上がり、
a0091680_18303529.jpg

駐車場から山頂までは歩いて登る。

花の山として知られるが、丁度満開がニリンソウとのこと。
…ニリンソウは昨年山菜としてたくさん食べたんで、やや「萌え感」が薄いけど。。と思ったが、一面にひたすら咲く花はなんとも優しい風情。
a0091680_18302873.jpg


更にスミレがふさふさと見事なほどたくさんの花を付け、
a0091680_18303823.jpg


a0091680_18303139.jpg

キンポウゲ科らしい黄色の花と可憐なコントラスト。
a0091680_18303262.jpg

a0091680_18303613.jpg


小さな花の盛りの草原の中、冷たい強風の吹く山頂までの道は、何億年も前、海底の珊瑚礁が海底火山の噴火で持ち上げられたというカルスト地形の白い石灰岩。
a0091680_18303999.jpg


頂上からは遮るものの全く無い360度の展望。
白山や北アルプスまで見えるという山々の重層の連なりがジオラマのように眼前に広がる。遥かな稜線が水平線のように丸く見える。
a0091680_18303766.jpg


反対側を見れば足下には田や市街地。先には琵琶湖。
遠くに見渡すのではなく直下に見下ろす景色は巨大なジオラマのようだ。
a0091680_18303867.jpg

琵琶湖側。田んぼに水が入り、一面水浸しの景色。
a0091680_18304065.jpg


なだらかな草原状の山頂にはヤマトタケルの像が立っている。

Wikipediaによると
古事記に、伊吹山の神は白い大猪で、ヤマトタケルがこの神と戦って敗れたとあるらしい。
敗れたのに何故ここに像???
これでリベンジ?(^^;;

…との疑問はさて置いて。。

巨大な獣がうずくまるようなこの山の冬の姿は、まさに最強の白い大猪の神だろう。
本州の中央のくびれ部分、日本海から太平洋に風が吹き抜ける場所の真ん中にポツンと置かれたような伊吹山は日本海からの雪雲の直撃を受けて、多雪で知られている。
これまでの観測史上世界一の積雪量はなんとこの伊吹山で、1927年2月14日に記録された11.83m。
(1日の積雪世界記録もこの伊吹山。1975年1月14日の230㎝)
ドライブ中、最初に伊吹山の姿が目に入ったのは丁度、Wikipediaを読んでいた瞬間だったので、いたく感動してしまった。

a0091680_1830406.jpg


伊吹山に別れを惜しみ、今度は名神、中央道経由で一路、八ヶ岳南麓の小屋へ。

八ヶ岳や甲斐駒ケ岳が見えてくる。
あちこち素晴らしい場所を見て来ても決してひけをとらない、南麓の景色。
a0091680_18304198.jpg


堂々とした山々の麓に戻れる幸せ。
ただいま、八ヶ岳南麓。
a0091680_18304157.jpg


そして、いつもあちこち運転し続けてくれる夫に、感謝。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-05-29 18:27 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

琵琶湖の夕暮れ

南紀に別れを惜しみつつあたり一面みかん山ばかりの有田を通りすぎる。
a0091680_23491596.jpg
a0091680_23491950.jpg

阪和自動車道で河口近くを渡った紀ノ川は、紀伊半島の反対側、リルビタキが囀っていた熊野灘を見下ろす大台ケ原が水源。
紀伊半島を横切って来た川の初めと終わりに触れた事になると思うと感慨深い。
a0091680_23491713.jpg


八ヶ岳南麓の小屋へ戻る旅程上、彦根に宿をとった。
あちこちでビジネスホテルをよく利用するようになったが、夕食なしと言う面倒さは有るけれど遅く入るのも可、早朝出るのも可、前日くらいまでキャンセルや変更が可、と言う便利な宿泊施設だ。

ホテルには夜はいれば良いので、夫が行きたいと言っていた安土城跡に回ってみるが、タイムアウト。
a0091680_2349175.jpg
門の隙間に手をっこんで撮る。
a0091680_23491897.jpg

じゃあ琵琶湖の夕焼けを見よう、ということになり検索すると丁度ルート上に公園があったので、暗くなるまでじっくり夕焼け撮影会。
a0091680_23491824.jpg
a0091680_23491944.jpg


すっかり暗くなってからライトアップされた彦根城の脇を通り、ホテルにチェックイン。
a0091680_011318.jpg


部屋で、とびきり美味しい夕ご飯を食べた。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-05-27 23:50 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

橋杭岩〜潮岬

大台ケ原に足を踏み入れ、那智の滝を見たので、残る南紀ドライブの予定、ぐるっと海岸線沿いに白浜側へ。
植林された針葉樹の美林の多かった内陸とは林相が一変した。紀伊半島南端のパワーみなぎる照葉樹林帯は、房総半島や湘南のものとは規模や迫力が違う。

海岸は平らな岩礁(よく、千畳敷などと呼ばれるタイプ)や、岬状に細く沖へと伸びる岩の連なりが特徴的。
a0091680_23465975.jpg

a0091680_23465952.jpg


海岸線を左に見てひたすら南下。
次々と現れる青い入江や湾、千変万化の岩畳の海岸線が美しい。
a0091680_2347059.jpg


途中、地図を眺めると橋杭岩、というのがこの辺り名勝らしい。
(大体がこんな感じで、いつも行き当たりばったりだ。)
潮岬と紀伊大島を背景に怪獣の歯並びのようなそれらしき岩の連なりが行く手に
a0091680_2347179.jpg


なるほど、ダイナミックかつ美しい。
泥岩の層の隙間にマグマが貫入して固まり残った地形、との成り立ちを読み、感動。
a0091680_2347163.jpg


自然は人智を遥かに超えて大きい。

那智大社の屋根のてっぺんで気持ちよさそうに歌っていたイソヒヨドリが、
a0091680_2347243.jpg

岩のてっぺんで美声を響かせていた。
a0091680_2347262.jpg


てっぺんが好き。。。
a0091680_2347365.jpg


先を急ぎたい夫に「ここまで来たからには端っこまで行かなくちゃ」と潮岬を推す。
紀伊半島の先端と砂州で繋がり、太平洋に突き出す陸繋島、潮岬。
灯台に登ると、背後には一面に生い茂る照葉樹林、
a0091680_2347479.jpg

向かい合うのは青い青い海と遠く遥かな水平線。
沖合いを、大型船が行き交う。
a0091680_2347497.jpg
水平線が丸い。


この海の果てまで行って見たい、未知のものに出会いたい、なんて憧れがすっかり薄らいでしまった自分の「歳」が少し残念だった。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-05-25 23:46 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

奈良。

大型連休最終日、5月6日に八ヶ岳南麓を出て、奈良へ。
朝ごはんを食べてから出かけたのだが、高速を降りる前のサービスエリアで松阪牛の牛丼をたべ、
a0091680_23254466.jpg

13時半頃には明日香村に着いた。
奈良県を歩くのははるか昔の修学旅行以来だが、暑さに辟易。
折角綺麗な蓮華の花も、田植えが近づいてトラクターで田んぼに鋤きこまれているところだった。
a0091680_23254479.jpg

あまりの暑さに、とにかく飛鳥寺やら甘樫丘やら宿の近くを見てまわる。
大急ぎではあったけれど、奈良の伸びやかでおおらかな景色の中を歩くこともできた。
酒船石を近くから、
a0091680_23254580.jpg

a0091680_23254573.jpg

a0091680_23254627.jpg

亀型石造物も遠くから見られて満足。
a0091680_23254734.jpg


夕暮れ間近、甘樫の丘から見下ろす奈良は穏やかでどこか懐かしい。
a0091680_23255034.jpg


太古、峠を越えて初めてこの盆地を見下ろした人々はきっと、一目でこの地が気に入ったことだろう。

飛鳥寺近くの囀るヒバリ。
a0091680_23254949.jpg

正面顔が面白い。

オレ、ヒバリ。
ここの風景にぴったりでしょ?
つーか、オレ様の囀りあってこそ、奈良の春でしょ?
a0091680_23255093.jpg


とドヤ顔にも見える。

生まれも育ちも関東の私たちの感覚では、奈良は遥か彼方におもえていたが、八ヶ岳南麓を経由する日程さえ取れればそれほどではない事がわかり、また、西日本でも、八ヶ岳から出て奈良辺りに中継点をとれば車で回れる気がして来た。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-05-21 23:24 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

先日の記事中で、航空写真の方を更新してほしい、と書いたからかどうか…

今日見たら、Googleの航空画像の方もかなり最近のものに更新されていた。
しまった、古い画像、保存しとけば良かったと思ったが後の祭り。

あちこちの皆伐で刈り払われた林も、残酷なほど目立つあちこちのソーラーパネルも生々しくわかる。
落葉期の画像のせいもあるが森の緑の中に点々と家々が沈んでいた八ヶ岳南麓の面影はどこ?と思う。

せめて、再び植林された林がもとどおり生い繁るまで航空写真で見届けられるといいな。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-13 12:15 | 八ヶ岳 | Comments(2)

今年も節分

また今年も恵方巻を頬張り、
またしても最初の一口すら黙って食べ終えなかったお喋り揃いの我が家。
a0091680_2350879.jpg


何故か今年は恵方巻1本食べた後にこんなのも1本ずつ完食。
a0091680_2350992.jpg

(今年はちゃんと豆をまいた。…節分だから当たり前のようだが、なにしろ、昨年は恵方巻食べただけで危うく豆まきを忘れて解散、になりかけた我が家なのだ。)



* ******************************************* *



暦の上では明日から春。

心も凍る異国での出来事のあとも四季は巡り時は歩み続ける。

犠牲者の優しい笑顔に、自分の無力をそっと詫びる、立春前夜。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-02-03 23:02 | 季節 | Comments(0)

来年の年賀状(右)と、一回り前のひつじ年の年賀状。
a0091680_1635405.jpg


同じ作者のデザインだそうだ。

12年前、マフラーを編んでいた羊さん。
年賀の文字のまわりは毛糸玉。下の方には目標のマフラー?
a0091680_16354284.jpg


12年後の来年、マフラーは編み上がり。。
a0091680_16354126.jpg
年賀の文字の周りに輪になった編針やかぎ針、棒針が。
そして、一番下を見ると、帽子と手袋。
a0091680_16354127.jpg
12年で色々編んでたらしい。

次のひつじ年までの干支のひとまわり…
みんなが幸せに、平和に過ごせる12年間でありますように。



…ところで、
私、12年前の今ごろ何をしていただろう?
そして12年後、何しているだろう?


…12年前も12年後も、今みたいに大掃除や片づけや年賀状から逃避中なのだけは確実だな。。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-12-26 13:34 | 感慨 | Comments(2)

メバルの群れ

メバルの群れ。
a0091680_1151153.jpg


本当は、ちっこ〜い煮干しメバル。
先月、天橋立の後に訪れた「伊根の舟屋」で有名な伊根湾を一望する道の駅で買ってきた。(他に同じような大きさ(小ささ?)のアジの煮干しも並んでいた。)

ここも、あちこちの観光名所と同じようにちょっとだけ「舟屋地区」が保存されているのかと思ったら、奥深い湾の周囲にびっしりと見渡す限り舟屋が並んでいた。
a0091680_1151176.jpg
写っているのは一部分だけ。
湾を挟んで両側にずらっと舟屋が並ぶ。
a0091680_1151174.jpg


この眺めと煮干しを見て、ここは観光地ではなく現役の漁業地域なのだと実感。

この辺りの海には小さなメバルやアジも群れをなして泳いでいるんだろうな〜。
そんな豊かな海だから近海での漁業が成り立ち、舟屋が今も「現役」なんだなぁ。


イカを開いて干す作業中の舟屋の前にはおこぼれ待ちのカモメ。屋根の上にも。(サギは見てるだけ?)
a0091680_11511824.jpg



そのままで美味しい、とびっきり素敵な自分へのお土産。
a0091680_1151165.jpg


…がしかし、
勿体無くていまだに食べられない。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-12-18 11:50 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

先月末の八ヶ岳南麓。

雨模様ながら時々山々が姿を覗かせる曇天。
旧日野春小学校の校庭に初めて足をふみいれた。
以前から日野春あたりの景色は美しいと知ってはいたが、小学校の校庭からの眺めには圧倒された。
甲斐駒ケ岳と鳳凰三山を背景に、
a0091680_0391770.jpg

見事な樹形の桜の大樹が色づいていた。
a0091680_0391349.jpg


一年生から六年生までの成長を物語る鉄棒の段差。
a0091680_0391510.jpg


この地で四季の景色に抱かれて過ごした6年間。。。
日野春小学校の卒業生たちの心に刻まれた思い出はさぞや誇らしく輝かしいものだろう。

こんなロケーションの中で開催されている犬塚勉 絵画展。

何度か紹介記事を読み、写真を見たりしていたこの画家の絵画展が丁度開かれていた。
新聞などの小さな紹介写真だけでは単なる細密な描写の風景画に見えてしまいがちなのだが、なんだか「これは絶対会いに行かなくてはならない絵だ。」との確信があった。

使われなくなった日野春小学校の教室の中で出会ったその絵は、想像以上、いや想像を超えて静かに深く心を揺するものだった。

そこに描かれた自然は、単なる絵の素材でなく自己主張の手段でも、絵画的背景でもない。

ブナの大樹の下生えの枯れた茎、草原の中の点のように小さな花々、背景の光と影の中の木々の梢。
一つ一つが種名を特定出来るほどまで正確に描かれているが、単にマクロ写真のように細かく再現されている訳ではない。
枝の方向、生え方、葉の向き。
草原に射す光に重なり合った葉が作り出しているはずの複雑な影の重層。
細かく描くだけでは表現出来ない植物の、自然の姿が破綻なく表現されている。

賛辞を上手く表現出来ないが、何度も実物を見に行きたいと思う絵に初めて出会った気がする。

オススメです。



11月14日まで開催中。





a0091680_0391652.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2014-11-08 00:38 | 八ヶ岳 | Comments(0)