やっと紅葉ネタ終わり。

流石に今回は紅葉ネタじやないだろう
と思ったあなたにお送りする、駄目押しの八ヶ岳南麓の紅葉!
奥会津紅葉ツァーの後の11月半ば。
もう終わりだろうと思って行った八ヶ岳南麓は、例年になく鮮やかな紅葉が待っていてくれた。。

小屋より標高が下がればまだすこしは残っているかな?と出かけた清里湖(大門ダム)あたり。
対岸の斜面、落葉の木立が美しい。
a0091680_11484918.jpg

そしてこちら側の斜面の先には。。
a0091680_11542883.jpg

a0091680_11542933.jpg

a0091680_11543332.jpg

例年の南麓はカラマツの黄葉がハイライトで、ブナ、ナラ類は渋めにキレイなのだが、今年は日当たりの良い場所の樹々が極めて鮮やかな紅葉を見せていた。

自宅あたりの紅葉も今年はいつになく鮮やかだったけれど、流石にしつこいのでこれだけ。
a0091680_22434670.jpg


来年も紅葉の当たり年だといいな。



[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-10 22:33 | 八ヶ岳 | Comments(0)

東北紅葉旅行2日め画像はまだ続く。。

昔からなんだか気がかりだった名所、「塔のへつり」を見たあと、以前、何度もキャンプに通った懐かしい奥会津、檜枝岐村の手前をかすめて一般道を南下。
a0091680_21453244.jpg

a0091680_21453554.jpg

a0091680_21453791.jpg

a0091680_21454027.jpg

圧巻の東北の紅葉ドライブだった。
予定としては夕方には自宅に着いている予定だったのだが最後にうっかり通ってもらった日塩もみじラインの途中であえなく日は暮れた。
でも、奥日光の夕焼けが綺麗だった。
a0091680_21520789.jpg


この後さらに、夜中のいろは坂を下り、我が家のいつものパターン通り真夜中に帰宅。

これが今年の紅葉見納めドライブ?



a0091680_21464108.jpg
a0091680_23221837.jpg


[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-09 23:20 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

今更ながら、秋の風景

1ヶ月も前のものだけど、綺麗だった紅葉旅行の記録。
裏磐梯の五色沼目指しての1日目。
ずっと高速で行くのもつまらない(し、高速代も節約出来る)ので途中から一般道。
思いもかけず猪苗代湖越しの磐梯山とその先の雪の山脈の絶景に出会う。
a0091680_23122828.jpg
まっすぐ最短で行っていたら出会えなかった景色。
これだから、寄り道しつつの旅は楽しい。
でも、当然、着くのは遅くなる。
美しい夕方の(^^;五色沼。

a0091680_23141325.jpg

a0091680_23141508.jpg

a0091680_23141705.jpg

a0091680_23141851.jpg
駐車場に戻るとすっかり夜。。
( ̄◇ ̄;)…く、暗い。
a0091680_18533494.jpg
暗闇の中、郡山のビジネスホテルへ。
チェックイン後駅ビルのレストランまで歩き、美味しい夕飯。
a0091680_19070797.jpg

夜中から早朝まで好きな時間にイン、アウト出来るところが、行き当たりバッタリの私たちにピッタリなのだ。
(夕飯の場所がどこにもなく、コンビニ弁当のこともあるけれど)


[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-09 23:10 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

移り変わる紅葉を各地に追いかけるのに忙しくて、気がつけばもう冬の入り口。
八ヶ岳南麓の小屋の冬支度に大急ぎで往復。
奥鬼怒や奥会津の紅葉の後に、幸いなことに八ヶ岳南麓の紅葉の終わりかけに間に合った。
オオムラサキセンター横の陸橋から
a0091680_14575157.jpg

今日の帰り道の茅ヶ岳
a0091680_14585251.jpg

笹子トンネル入り口
a0091680_14591305.jpg

上野原あたりの路肩のツタも鮮やか。
a0091680_15255514.jpg


南麓の庭から見上げるカラマツの黄葉。
(もちろん借景)
a0091680_15301209.jpg
今年はミズナラの紅が例年より鮮やかだった。
名残惜しいが今年の秋も駆け去って行く。
また来年。。。





[PR]
by chatadon-06 | 2017-11-17 14:38 | 八ヶ岳 | Comments(0)

晴れる日がない。

雨続きの毎日。
おとといの予報では昨日だけが一応晴れマークだった。
天気予報の画面では更に雨予報の日が続き、来週半ばになってようやく再びの晴れ予報。

もう、今年の紅葉お出かけチャンスは明日しかないじゃない!と思い立った一昨日。

たまたま、どこでも連れてってやるよと、夫が(うっかり)言ってくれたばかりだったので、すかさずお願いした。
明日お出かけしたい!
行き先は日帰りで今紅葉盛りのところ。
ざっと調べたところでは中禅寺湖あたりがまあまあ色づいているようなので、日光方面にしたが、夫は今ひとつ乗り気でない。
何べんも行っていてどんなところか予測のつく場所はなんだかつまらないらしい。
で、取り敢えず日光方面に向かうも、途中で検索して少し別方向に修正。
霧降高原道路から瀬戸合峡のお蕎麦屋さんに向かうことに。
a0091680_00432778.jpg

残念ながらどんどん曇っては来たが、霧降高原道路の霧の中に浮かび上がる紅葉に歓声を上げつつ、男体山の向こう側、瀬戸合峡方面へ下る。

標高が下がるので紅葉は進んで居ないが、静かな秋の山あいで岩魚の天ぷらそばや唐揚げ、舞茸ご飯を堪能。
a0091680_00445278.jpg

お店で聞くと先に進んで戦場ヶ原方向に抜けられるとのことなので、同じ道を帰りたくない夫(私もだけど)はそちらを選ぶ。
すれ違い困難箇所が沢山あり、かと思うとトンネルですいすい通り抜けられる箇所もあり、素晴らしい峡谷とダム湖を見下ろす場所へと登る。
a0091680_00040621.jpg

更に奥へと登ると、再びの紅葉の山へと分け入ることになる。
a0091680_00463146.jpg

そこにはやはり…
求めて来た訳ではないが、
結果的にいつもの通り
…そこは林道。
a0091680_00471238.jpg
なんだか行方不明、滑落多発、みたいなことが書いてある。
車が?人が?と夫と協議するが不明。

舗装はしてあるが、ガードレールはボコボコだし、片側には落ち葉に隠れた側溝が有る。

でも、景色は抜群。
向かいの山々は紅葉の錦をまとい、林道のヘアピンカーブの曲がり角には、赤の中に真紅を散らしたハウチワカエデの枝が差し掛かる。
断崖の向こうの斜面の紅葉は、見慣れた八ヶ岳より赤が多く綺麗だ。
a0091680_00520286.jpg

途中、夢のように美しい紅葉の斜面の脇で車を止め、怪しげな空模様を気にして大急ぎだったが呆然と眺めた。
晴れていたならと残念だったが、紅葉は一期一会、今この時だからこその美しさだと納得してしまうほどの絶景だった。
残念ながら、画像はイマイチ。
a0091680_00381675.jpg

どんどん暗くなり、霧が濃くなる中も、霞む景色は美しく、運転が大変そうでありながらもこの道に魅入られている風な夫だった。

暮れなずむころようやく戦場ヶ原に到着。
男体山は怪しげな雲に覆われつつあった。


そして今日。
奥日光は雪〜!

なんか笑ってしまう。

まさに一期一会、
昨日だったからこその景色。


運転、ご苦労様でした。

それにしても素敵な林道だったなぁ。
また行きたいなぁ…
a0091680_00264995.jpg




[PR]
by chatadon-06 | 2017-10-19 23:22 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

あちこち旅行する際に良く利用するビジネスホテルチェーン。
ここは空港に近い立地なのでいつも泊まる地方都市のビジネスライク一辺倒タイプではない感じ。
ビジネスでなく旅行客風の人が多い。
部屋の窓からは日本海や
a0091680_22392326.jpg

白山方向?の山々が綺麗。
a0091680_22394294.jpg

ホワイトロード復路の前に古い神社にお参り。
a0091680_11595827.jpg

古い神社には必ず私の大好きな古木・大木があるが、ここでも素晴らしい巨樹に会えた。
a0091680_12001589.jpg

神頼みの後は、昨日とは逆ルートでの白山白川郷ホワイトロード。
昨日とは違う角度で、断崖にしがみつくように生える盆景のような絵になる樹々や、斜面に重なるブナ林の樹冠の紅葉の見事さ、
a0091680_11460282.jpg

1日でさらに冴えた紅葉の斜面を
a0091680_11462480.jpg

心の奥まで満たされて満足のうちに帰途に着く。

同じ道を帰るよりも、と高山からは木祖〜伊那〜高遠〜杖突峠と抜けて八ヶ岳へ帰る事にする。
道の駅で、飛騨牛串焼き、ヨモギ五平餅。
a0091680_11464744.jpg

後ろに見えるヤグラは冬のイベント(多分、「氷点下の森」)時に上から水をかけて凍らせ、イルミネーションで飾るためのものらしい。
途中、様々な樹種の紅葉の美しい日和田高原を通り、
a0091680_11472127.jpg

ススキが光り輝く雄大な御嶽山の景色に迎えられる。
a0091680_11474083.jpg


日本海まで往復の弾丸ツァーだったが、高山から木祖、伊那に抜けるこのルートには今年開通したらしい真新しいトンネルがあった。
多分、この区間、以前より相当に通りやすくなっていると思う。

何度も行けそうな、お気に入りの場所が沢山あり、今後の楽しみにつながる旅だった。


++++++======++++++======++++++
a0091680_11485662.jpg
ホワイトロード石川県側ゲート近く。
ブナオ山観察舎という看板が!
対岸の急峻な見覚えのある斜面を見て、ここがNHK自然モノ番組で何度も見たニホンカモシカの観察の場所であることを発見♪
これがあの雪崩の急斜面…。

いつも突然思い立つ旅ゆえに、あ!ここがあの!って発見がよくあり、(単に事前の調査が足りないだけだが。)楽しい。


[PR]
by chatadon-06 | 2017-10-11 12:31 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

あれが白山だ!

紅葉シーズンの10月なかばに用事が入ってしまい、密かに目論んでいた北海道から紅葉を追って南下計画が不可能に。
仕方がないので僅かな日程の隙をぬって八ヶ岳南麓の小屋から紅葉狩りドライブにつれていってもらうことにした。

この連休にすでに早々と紅葉の盛りを迎えた数少ない候補地の中に、長年気に掛かっていた場所を見つけた。
目指すは白山。(勿論、登山なんてしない。眺めるだけ。)
これまで日本のあちこちの名山を、あれが〇〇岳、と眺めてきたが、
そー言えば「アレが白山」と見たこと無いよねと夫と話していた。
(2012年、満開の荘川桜に感激した御母衣ダムは白山と飛騨山地に挟まれているが、その時は白山との位置関係を意識して居なかった。。)

そして、紅葉の盛り地点は白山白川郷ホワイトロード上にあった。
実は、この道がかって白山スーパー林道と呼ばれたころから、どんな所だろうな〜、いつかきっと、と(執念深く)思い続けて幾星霜…。
とうとうこの日が来たのだ。

(°▽°)/いざ行け!
白山白川郷ホワイトロード(名前、長っ)

八ヶ岳から中央道を抜け、安房(あぼう)トンネルを抜け、
a0091680_16294470.jpg

たまたま入った店で美味しいとろろ定食べる。
a0091680_16300731.jpg

ほとんど「紅葉まだ」の沿道の景色にちょっと早すぎたかと不安。
高山を通過し、白川郷から入ったホワイトロード。見覚えのある白川郷の展望地からぐんぐん高度を上げ、最初の駐車場。白川郷を見下ろす高台の、素晴らしいブナの大木に感動
a0091680_20582013.jpg

でも紅葉まだだなー。
と先へ進むと。
その辺の角(但し結構な山道)を曲がった途端に、急に現れた紅葉の斜面!
a0091680_17511407.jpg
紅葉盛りとの事だった駐車場の、
  1. 辺り一面、周り中が紅葉真っ盛り。
しかも冴えた発色。
a0091680_17521820.jpg

雲が湧き上がり、霧が通り過ぎ、青空が隠れ、またのぞく。
a0091680_18030979.jpg

錦繍の別天地。
a0091680_18005901.jpg

いつまでも観ていたいが、この道には門限があるので、先へ。
縦パノラマ画像じゃ無いと入りきらない滝が、道のすぐ脇に。
a0091680_17541424.jpg

滝も見事だが、脇の崖、岩山の巨大さに圧倒される。
a0091680_17585039.jpg


そして、「あれが白山だ!」の、瞬間。
a0091680_17545035.jpg

多分、あまり売れないだろう往復切符を買った私たちなので、
a0091680_17555991.jpg

後半の景色は明日の復路でまたじっくり見ることとしてこの日は白山の大きさと険しさを実感させてくれる、切り立った崖に崖に張り付くようなホワイトロードを下り、小松空港近くの宿に向け急いだ。


[PR]
by chatadon-06 | 2017-10-10 22:01 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(2)

草紅葉、始まる。

9月中旬。
八ヶ岳南麓の小屋から秋を求めて、8月にはニッコウキスゲ満開だった霧ヶ峰方面に。
すっかりお気に入りになった八島ヶ原湿原へウォーキングに出かける。

期待通りに湿原は秋の気配が濃厚になっていた。
ヤナギランの群落が種子の白い綿毛を光らせている。
a0091680_16022484.jpg
うっとりするようなミズナラの株立ちの林の合間から秋色の湿原が透けてみえる。
a0091680_16053407.jpg

a0091680_16113021.jpg
a0091680_16160050.jpg
久しぶりのアウトドア飯。
コンビニオニギリも天上の美味。
a0091680_16204904.jpg
a0091680_16231458.jpg
今頃はもう、草紅葉から木々の紅葉の季節にかわってるかな?

[PR]
by chatadon-06 | 2017-09-26 15:20 | 八ヶ岳 | Comments(0)

9月中旬、秋の入り口。
冬場は冴え冴えと澄み渡る夕空ばかりだが、雲の多い季節は千変万化に美しい八ヶ岳南麓の夕景。
日没後、湧き上がる雲が夕闇に沈み始め、
a0091680_15121377.jpg
今日はこれでおしまいかな?と思った直後に、あちこちが金色に輝き始め、やがて濃色の紅が空を覆う。
a0091680_15121201.jpg


a0091680_15121402.jpg

a0091680_15121529.jpg

一期一会、見るたびに今宵が今までで一番美しいと思ってしまう、南麓の夕暮れ。
a0091680_17013488.jpg
手前は黄金色の田圃と真っ白な蕎麦の花。
別の日。
富士山が噴火?
a0091680_17043218.jpg

富士の笠雲、彩雲、幻日のような彩雲、と雲海の上に様々な光り方の雲が沢山。
幻想的な南麓の空。
a0091680_17072671.jpg


[PR]
by chatadon-06 | 2017-09-26 15:03 | 八ヶ岳 | Comments(0)

8月末の八ヶ岳南麓

天候不順で晴れる日の少なかったらしい8月の八ヶ岳南麓。

稲や農作物の生育が悪いような気がするが、まだ8月なのでこれから?
急に気温が下がって秋めいてしまったあたりの気配のせいで、そんな気がするのかもしれないが。
スマホでは再現し切れなかったが、鮮やかな濃色の夕焼けに全天が染まったり。
a0091680_12212081.png

a0091680_12212182.png

いつもの静かな暮色だったり。
a0091680_12065806.png

芒の穂が立ち上がり
a0091680_12090243.png

稲穂が輝く。
a0091680_12091464.png

いつでも美しい南麓の風景。
a0091680_12102984.png

a0091680_12105924.png

[PR]
by chatadon-06 | 2017-09-03 11:49 | 八ヶ岳 | Comments(0)