桃・桜三昧 2

4月第3週の八ヶ岳南麓
2日にわたり桃の花見に繰り出したので、もうこれで花見は終わりと決め、薪割りに専念しようとしたが。。。(夫が)


そのタイミングで、あちこちから桜の便り。
南麓のフジザクラ(マメザクラ、ハコネザクラ)も4分咲きくらい。

今年は桜の開花も遅く、いつもの年ならすっかり終わってる筈のあちこちの桜がちょうど満開を迎えて居るらしい。
ラジオでは高遠城址の桜が満開、と言っていたが、どんだけ混むかわからないので人混みがキライなのと、有名なところにあまり行きたくならない捻くれ者(=私)なので敬遠。

でも、せっかく桜の時期に八ヶ岳に居合わせたのだから、「一期一会のどこかの桜」を見に行こうと思い立つ。

そうだ!
安曇野の池田町に確か…山桜の名所があったはず。
と、お天気はイマイチだが出かけることに。
安曇野の桜仙峡
何年か前秋に出かけた七色大カエデの山一つお隣あたりの位置らしいが山の斜面一面に山桜が広がる。
a0091680_23395890.jpg



鳥が運んだ種で拡がり育った一面の山桜。
a0091680_23395957.jpg



生憎の曇天にも、明るく静かで清楚に美しい、見事な桜の園。


青空の下で見たかったが、残念。
新府桃源郷とは違い、ここはリベンジでまた明日来るには少々遠い。。。

a0091680_23395938.jpg

a0091680_23400049.jpg


シーズン中だけ一方通行だそうだが、ふだんは一通で無いのが不思議な位の素敵なくねくね坂で久しぶりの林道気分を味わえたし
a0091680_23400062.jpg

絶景を見下ろしながら久しぶりのアウトドア飯も堪能出来た。
a0091680_23400140.jpg









[PR]
by chatadon-06 | 2017-04-26 21:58 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

桃・桜三昧 1

今週初めの八ヶ岳南麓。
韮崎市の新府桃源郷で桃が満開らしいので、あいにくの曇り空だったが出かけて見た。
ほぼ咲き揃った一面の桃。
曇り空の方がピンクが濃く見えて綺麗だよね、とやや悔し紛れ気味に感激して帰る。
a0091680_15012085.jpg

a0091680_15012164.jpg

a0091680_15012133.jpg

a0091680_15012299.jpg


翌日。
激しい雨があがり、気持ちの良い天気に。

昨日、「今日は取り敢えず様子見ね」となかば冗談(つまり、半ば本気)で言っていたとおり、桃の花見に再び。

a0091680_15012246.jpg

桃の花のあいだに、甲斐駒ケ岳の星のかたちの雪形が見える
a0091680_15012364.jpg

a0091680_15012340.jpg

やはりはるかに綺麗だが、気温はうなぎのぼり、日向に停めていた車の温度計は31度

a0091680_15012404.jpg


a0091680_15012490.jpg

冷たいお蕎麦が美味しい季節。

a0091680_15012514.jpg


桃源郷の春。
一瞬のピンクの絨毯。



[PR]
by chatadon-06 | 2017-04-22 14:21 | 八ヶ岳 | Comments(2)

極寒

先週末の八ヶ岳南麓。

雪が積もったのはだいぶ前だが、あまりの寒さに溶けておらず、庭は白一色の雪国の景色。
a0091680_23101055.jpg


でも、日没はだいぶ遅くなり、方角も移動している。冬至には甲斐駒ケ岳辺りだった入日は、南アルプスのはずれにうつり、鋸岳のギザギザの歯の間から、夕日が光を放つ。
a0091680_23101100.jpg


八ヶ岳ブルーの空に、
雪化粧の八ヶ岳。
a0091680_23101128.jpg


向かいには甲斐駒ケ岳の雪の星型がピカッと光り、北岳の真っ白な斜面も陰影がくっきり。
a0091680_23101223.jpg


一年の中でも別格の美しさ
八ヶ岳南麓の厳冬の景色。



[PR]
by chatadon-06 | 2017-01-27 22:29 | 八ヶ岳 | Comments(0)

夕暮れ

美しい画像を たくさん、たくさん撮ったのに、ほとんどupしないままの一年だった。

せめて、
年の暮れにちなんで夕暮れの画像を何枚か。
a0091680_00054070.jpg

8月上旬。甲斐駒ケ岳

a0091680_00054112.jpg

同じ日の八ヶ岳


来年はてんこ盛りの南麓風景をお届けできればいいな。。

今年一年、ありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。

a0091680_00054176.jpg

12月上旬 南アルプス。


[PR]
by chatadon-06 | 2016-12-30 23:38 | 挨拶・連絡 | Comments(0)

12月初めの絶景

自宅のカーテンだけ洗えば新年はくる、と信じて洗い始めたが、これがなかなか。
多分50枚以上はあるはずだけど、
後から後から洗濯機に放り込んでいるので、正確な数が分からない。
掃除サボって設定して、ようやくスマホのフェッチはプッシュに※なったが(^^;)
※説明できないのでググってクダサイ。

暇がないけど画像はたんまりあるので、12月初めに行った八ヶ岳南麓の風景だけ兎に角up。

見事な雲海の日。
a0091680_00163198.jpg


下界より気温が高かったせいか、日没まで雲海が光り輝き、たゆたっていた。
a0091680_00163288.jpg

はるか南から、雲の海が光りながら甲府盆地に流れ落ちてくる。
a0091680_00163283.jpg

a0091680_00163303.jpg




別の日の夕暮れ。
ポツポツと灯りがともる時刻。
a0091680_00163399.jpg
a0091680_00163420.jpg

a0091680_00163425.jpg



どうしていつも、
ここはこんなに綺麗なんだろう。














[PR]
by chatadon-06 | 2016-12-29 23:51 | 八ヶ岳 | Comments(0)

今朝の八ヶ岳南麓。
いつもの年よりだいぶ落葉するのが遅い。
a0091680_15475668.jpg



10月末の南麓の画像の残りがほったらかしだが、先週さらに佐渡にも行っちゃったので、そっちを先にしようかな?

先週、楽天トラベルの「マイカー持ち込み佐渡宿泊割引」がもう直ぐ終わるので、今しかないっと思い立ち、翌々日の予約をして佐渡に行った。

1日目

南麓の小屋から早朝出て直江津港へ。

行きの上信越道、
a0091680_15475635.jpg
a0091680_22150615.jpg

a0091680_22150790.jpg


久しぶりの朝の美しい景色を堪能して直江津港へ。
a0091680_15475744.jpg

4月に新たに就航した高速カーフェリーで100分。ほとんど揺れない快適なシートでの往復料金が多分ざっくり半額くらい。(車プラス2等席2人。)
(…ただし11月23日までの期間限定。)


佐渡の小木港からは、おけさ柿の果樹園の中をぬって尾根を越え
a0091680_15475761.jpg

海岸へ抜け、
a0091680_15475870.jpg

更に内陸の平地を走ってトキの森公園へ。
無料だった♡
a0091680_15475827.jpg


a0091680_15475929.jpg


トキさん達を眺めてから今度は山の上からさどを見下ろすべく、大佐渡スカイラインを登る。(11月14日から冬季閉鎖中)
閉鎖直前の平日のせいかほとんど人もおらず、絶景貸切状態で堪能。
a0091680_15475920.jpg

佐渡の形が見えると言う眺め。中央の平野部に左右から湾が入り込み、
a0091680_22150773.jpg

さらに南佐渡の山地ごしに本土の山々まで見えていた。

先ほど通って来た両津の街は湾と湖の間の砂州の上にあるらしく、細長さに驚く。
a0091680_22150743.jpg


雲の影が映る日本海に向かい山を降り、
a0091680_22150794.jpg



日本海の入り日を見てから宿に入った。
a0091680_15475932.jpg




[PR]
by chatadon-06 | 2015-11-15 22:10 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

雲海!

現在の八ヶ岳南麓、
大泉ライブカメラ、富士山方向
清泉寮からも、雲海。
雲海の絶景。。
自宅で悔しがりつつ見ています。

見られる人、羨ましい。。
[PR]
by chatadon-06 | 2015-01-27 09:46 | 八ヶ岳 | Comments(0)

環天頂アーク?

昨日の山形県・月山(がっさん)に引き続き、自宅でもまた素晴らしい空の輝き。。
今日の昼過ぎから陽の光が散乱光的にかわり、光の屈折が変化して来た感じがしたので、時折空を見上げていた。
夕方5時を過ぎて「幻日」に引き続き真上にくっきりと、反対向きの虹が。
これが環天頂アーク?
あまりの鮮やかさに感動。
a0091680_18462741.jpg
a0091680_18462814.jpg
太陽の左に見える虹色の光の部分が「幻日」?

幻日のある内側の環の上も輝き、さらに大きい外側の虹の輪が環天頂アークに接して現れた。
a0091680_18462987.jpg


内側の環の上部の輝きはタンジェントアーク?
画像にある輝きは私の知識ではもう判別できない。
誰か、教えて……。
a0091680_5454893.jpg





(後日、デジカメ版画像アップ予定。)
[PR]
by chatadon-06 | 2014-05-04 18:23 | おぉ~! | Comments(4)

初恋の香り

このお店のスイーツは洗練されたお菓子、ではなくカジュアルなフルーツいっぱい素敵タルト、といったテイスト。
…にしては高い、といつも思うのだが、今回はその中でも高めのタルト。

折角買って来てくれると言うので、これをお願いした。
a0091680_23125652.jpg



ちょっとだけある白いイチゴは新品種「初恋の香り」。
八ヶ岳南麓の種苗会社の作出した逸品なのだ。
昨年テレビで見てから気になっていた。
今回、買って来てくれるといわれてHPを見たら今日までの期間限定販売のタルトに白いイチゴが何切れかのって居たので、これは運命だ、とw。

味はさっぱり系だが結構甘く、…香りはあまりに量が少なすぎてよく分からなかった。
でも、この清楚で可憐な美しさ。
白地に種が赤いなんて。

キーウィフルーツが美しい緑でフルーツ界に不動の地位を築いたように、この白いイチゴは容姿だけでもやがて欠くべからざるフルーツになりそうな気がする。
でも、高価すぎて風味を味わうところまで食べられないのが普及の妨げになるかもしれない、と思う位、お値段も高級。
今日のタルト↑もひときれ八百いくらかだったし、初恋の香りだけの乗ったタルト※(こちらはまだ販売中)なんか、一切れがなんと1575円。
※追記:さすがに高すぎてパス。

これから人気が出て沢山作られるようになれば、もっともっと身近なお値段のフルーツになるだろうか?
子供たちも紅白のイチゴの綺麗さを愛でながらいっぱい食べられるようになって欲しいな、

a0091680_23125677.jpg

八ヶ岳南麓生まれ(…かな?)の白雪姫のような美しいイチゴ。
[PR]
by chatadon-06 | 2014-01-26 23:12 | 八ヶ岳 | Comments(4)

安藤美姫さん、4月にお母さんになっていたそうで驚愕。
赤ちゃんは女の子。

…うっとりするほど表情の美しいひとになっていた。

a0091680_23124749.jpg


今後の演技が楽しみだ。

7/2:画像追加
a0091680_8262492.jpg




猫も杓子もキューピーさんみたいなカール睫毛ばかりの中で、真っ直ぐな睫毛はハッとするほど陰影が美しかった。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-07-01 22:59 | 頑張れ! | Comments(0)