炭焼き?

ブログもほったらかしでグダグダしてたら、あっという間に師走。
家の中のあちこちを見ないふりして過ごした一年間だったが、目の前に迫る大掃除からいよいよ逃げ切れない年の瀬。

でもね、年末恒例のつまんない掃除ネタは置いといて、この時期でなければ、という画像を。

薪割りの際の長さ調節のため出来た、薄い輪切りの丸太。
仕方ないのでそのまま乾燥させておいた。

初めて使ってみた。
最初は上から炎が立ち、短いロウソクのよう。
a0091680_20433706.jpg


そのうち割れ目が入って、菊の花のようなひびが放射状に生じて、茶道に使う「くぬぎ炭」の巨大版。
a0091680_20433759.jpg


見れば見るほど炭そのもの。
よく考えたら、炭は木材を蒸し焼きにして作るのだから、ストーブの中で炭焼き窯の中を観察しているようなものかも♬
ストーブの中で炭が出来、更に炭が燃焼して灰となるまでを眺められる。。。

この素晴らしい経験に比べれば大掃除なんて何の意味も無くて……
(一体何が言いたい?)


スマホのOSアップデートで、知らぬうちにカメラ機能にスローモーションが追加されていた。
ストーブの炎をとったらすんごく面白い。下の二枚はスロー動画からの切り出し画像。
a0091680_20433871.jpg

a0091680_20433809.jpg


そう言えば、スマホではタイムラプスっていう早送り動画も撮れるんだっけ。
あの動画みたいに大掃除もあっという間に早送り出来ないかな〜
(…どれだけ掃除嫌いなんだろうか?)



[PR]
by chatadon-06 | 2015-12-10 21:00 | 薪ストーブ | Comments(0)

エアコンの風が冷たくない。。
ひょっとして、壊れた?
でも風に当たっていると何だか涼しい気もするし。。

こんな時、あなたならどうしますか?


え?ウチはどうしてるって?

…ふっふっふっ。

ウチには有るんです。
秘密兵器が。


なんと夏にも威力! 非接触温度計。

4年前にも他のエアコンの故障を見破り、今回もまた吹き出し口の温度が室温と変わらない事を速攻、証明して見せた。



…のは良いのだけど、結果は

a0091680_15221128.jpg


またしても、壊れてる。。。orz


ひたすら暑くなり続ける部屋の中、
飴も溶けてる。( ̄◇ ̄;)

a0091680_15221164.jpg



ところでこの温度計、すぐ壊れるかと思いきやいつまでもつつがなく動作し続けている。

いちいち薪ストーブの燃焼温度は確かめなくなったが、冬以外にも温度計は結構使われている模様。

子ちゃたAがソーセージを温める湯の温度をいちいち計測するので、ストーブ周りではなくキッチンでこの温度計を見かける事の方が多くなった。

今や、「料理に使える薪ストーブ用品」でもある。



料理に使えるストーブ用品
…と言えば。

料理の焦げ目つけにストーブ着火用のガスバーナー、使って見ようと思って忘れてた♪



追記
検索してみたら2013年にも温度計の出番が有ったらしい。











[PR]
by chatadon-06 | 2015-08-20 14:41 | 薪ストーブ | Comments(0)

チェーンソー屋さん

先月末の八ヶ岳南麓への道すがら。
薪割りの斧をもう一つ探そうと思い、現物を色々展示してあると言う甲府のチェーンソー屋さんへ。
a0091680_20535195.jpg


さすがにプロ御用達のお店、所狭しと色んな物がそろっていて興味深々。
a0091680_20535148.jpg


引っ掛けてあるググッと曲がった木の棒は、何かと思えば交換用の手斧(ちょうな)の柄。
キレイに壁にかかってる斧を想像していたら、奥のほうの一画にメーカーもサイズも様々なたくさんの斧がどさっと無造作に置いてあった。
a0091680_20535299.jpg
a0091680_20535359.jpg
a0091680_20535379.jpg


重さやら柄の長さを確かめている時に、チェーンソーの目立てを頼みに来たお客さんがあり、その場で店の方が目立てをしていた。

ストーブ屋さんなんかの趣味的な雰囲気とはまるで違い、店内は極めて実用的なものが色々で混沌としていた。
きっと林業関連の色んなものがあっちの隅やらこっちの隅に積んであるんだろな。

…時間があれば、隅から隅まで見学したかったなあ。
a0091680_20535433.jpg

↑鉄芯入安全スパイクシューズ、山彦。
素敵だ……❤︎

お隣の広い駐車場はスポーツ用品屋さん。(登山用品専門?)
帰りにウィンドウショッピングしていたら、お店の方が、チェーンソー屋さんと間違えて斧を探しに来たお客さんが前にも居たけれど、と。
うちのカタログにもこんなのが載ってます、と見せてくださった。
a0091680_20535486.jpg


(チェーンソー屋さんへおいでの節は、スポーツ洋品店の駐車場の先ですので、お間違いなく。)
[PR]
by chatadon-06 | 2015-03-09 20:49 | 八ヶ岳 | Comments(0)

新緑ながらいつもの寒さ

八ヶ岳南麓、例年より新緑が早い。
麓のあたりは山桜が綺麗。
a0091680_1734538.jpg


でも、このところ何日かは、例年並みの体感温度。
つまり、小屋のあたりは結構寒い。
a0091680_1735089.jpg


薪ストーブの前で雨と霧にかすむ新緑が夕闇に沈むのをながめる、至福のとき。
a0091680_1735440.jpg


南麓一帯現在、濃霧で何にもみえません、ご注意を。
a0091680_1756528.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2013-04-20 17:18 | 八ヶ岳 | Comments(0)

アイランドⅡでエコール

八ヶ岳南麓の小屋の薪ストーブは、本来は石炭も焚けるタイプという事で、ちょっと変わった燃料が使える。
石炭とオリーブの搾りかすを混ぜた燃料、エコール。
a0091680_1224726.jpg


10 kg入りの大きな袋の裏には英文で何やら直接着火する方法らしい事が書いてあるが、発売元のホームページには薪の熾の上にのせて着火するようになっている。
HPに従って15個を、熾火の上に乗せた。
程なく着火。
a0091680_1224821.jpg


薪のピンチヒッターとしてしか考えていなかったのだが、予想外に素敵な燃えっぷりで薪に引けを取らない。
…と言うか、全く別の魅力がある。
夫は石炭の匂いがすると言っていたが、私にはよくわからなかった。確かに特有の匂いは少しある。
薪でも燃せば独特の匂いがあるので、気になるかどうかは人それぞれの好みだと思う。
でもとにかく良い雰囲気で燃えてくれる。
a0091680_1224954.jpg


寝る前の11時45分に投入して翌朝の8時、ストーブ本体はまだほんのり暖かく、エコールの周囲を崩すと芯は熾火の状態だ。
a0091680_1225044.jpg



この夜は八ヶ岳南麓としては異常に暖かかったので火保ちが良かったのかもしれないが。

10 kg入りの1袋で、送料も込みだと2,700円ほど。
今回は八ヶ岳南麓の滞在日数が少なかったので、エコールが1袋に何個入っているか調べて来られなかった。
次回は個数と普通に寒い夜の火持ちを調べてみたいと思う。


コストパフォーマンス等の使い勝手を判断するにはもう少し調査?が必要だが、薪同様に「楽しめる燃料」だ。
[PR]
by chatadon-06 | 2013-02-06 21:28 | Comments(6)

ひえ〜、寒い。

薪ストーブが赤々と燃える八ヶ岳南麓の今宵。
a0091680_22275842.jpg

ストーブ用の温度計でさっき、デッキの上を測ってみた。
a0091680_22284668.jpg

マイナス1.1じゃなくて11。
月の明るい今夜だが、放射冷却でどれだけ冷え込むのだろうか?
( ̄▽ ̄;;)

12/2追記:あ、ストーブ用温度計なので、-60〜500度対応。
誤差も少しは…。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-12-01 22:30 | 八ヶ岳 | Comments(2)

冬、まだ?

八ヶ岳南麓はこれから真夏。
高原の夏を求めて観光客がわんさか押し寄せるシーズンだ。

冷涼な地の遺伝子だけでできている私は寒冷地仕様らしく※、夏にはめっぽう弱い。
ちょっと気温が上がると不調。    ※単にメタボなだけかもしれないが
小屋から麓のホームセンターに行くのも覚悟してから出かける。
南麓の小屋では夏が一年で一番テンションが上がらない季節だ。

だから梅雨が明け真夏の日差しが高原に訪れると、待ち焦がれるのは紅葉とストーブの季節。
で、暑さはこれからというこの時期、来シーズンの薪ストーブライフのためにダンパーを取り付けた。
(もちろん、夫が。でも、しっかり口出しだけはしたので、「いろいろ言うな」と。w)

ついでに塗装の焼けもスプレーで塗り直し。
さ~来い。寒さ。
a0091680_11503356.jpg


「試し焚き、したいね。」と何度も顔を見合わせたが、ホタルの季節ではさすがにお互い寒いと言い張れず。

        あ~きよ来い。
             は~やく来い。。
・・・な 私たちだが、

「早く季節が廻ると、早く年取っちゃうんだよね。」と、ちょっとへこむ。

とはいえ、

こういう変わり者以外の皆様には

これからが八ヶ岳南麓のメインシーズン、
涼しくさわやかな緑滴る高原の夏(そりゃもう素敵です)を
存分にお楽しみくださいませ。



ちなみに去年は9月23日には焚いた。
だからあと二か月の我慢♪
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-15 11:10 | 薪ストーブ | Comments(0)

遠路はるばる

八ヶ岳南麓の小屋のストーブもいくらなんでももう使わない(・・・予定。笑。)ので、来シーズンに向けて煙突ダンパーを注文した。
島根県の業者に注文したのだが、製造元直送の場合もあるという。
中国(Chinaのほうね)製だと思うので、ほんとは製造元じゃないでしょ、
遠くてせいぜい鳥取の倉庫でしょ、と思っていた。
在庫がある以上とっとと送って来て、すぐ着くはず。
と思って二日。来ない。
運送業者のHPで確かめてみると、確かに発送日に引き受け済み。
でも、途中に何か所も中継点がある。

え?帯広→札幌?  北海道から来るの?

・・・・まだ宗谷海峡(・・・( ̄Д ̄;;) 津軽海峡 わたってなかった。

さらに待つこと数日。
予想通り中国製のダンパーは、北回り遠路はるばるやってきた。
その輸送経費のかさみかたやら、
このダンパー、原価は物凄く安いんだろうな~。やらと
様々感慨深い。
。。この値段で少なくとも十枚は買えるだろうな、いやいや一ダース。。。

でも、ダンパーは1ダース要らないから、遠路の輸送料ってことで、まあいいか。
a0091680_14135178.jpg

何にせよ、ダンパー君、はるばる我が家へ、ようこそ。
[PR]
by chatadon-06 | 2012-07-01 13:51 | 薪ストーブ | Comments(2)

寒くなくても焚くのだ

八ヶ岳南麓、雨模様のせいかそれ程寒くない。
しか~し!
薪ストーブは高原の秋の季語(☆ウソ)。
ひとたび秋になったら、たとえ寒くなくても焚くのだ。
焚きすぎてちょっとくらい部屋が暑くなっても、炎を眺める心地よさにくらべれば…。
a0091680_21542518.jpg

そんな今日は、雨の中出かけた甲斐あって、蓼科と北八ヶ岳では霧の中の素晴らしい紅葉を堪能出来た。
a0091680_21542672.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2011-10-22 21:54 | 薪ストーブ | Comments(2)

a0091680_22364437.jpg

リアルタイム八ヶ岳南麓から

今夜は寒い。
これはもう初焚きするしかない。

今年は紅葉見ながらの薪ストーブが楽しみ…。

そんな薪ストーブの焚きはじめの夜は、真冬のような星空。しんしんと冷える夜空に満天の星がびっしりと張り付いている。
寒冷地の醍醐味、長~い薪ストーブの季節の幕開け。
[PR]
by chatadon-06 | 2011-09-23 22:36 | 薪ストーブ | Comments(4)