レンゲツツジ の車山

今週半ばの八ヶ岳南麓。
梅雨時だと言うのに青空。
せっかくのお天気だからどこでも行ってくれるそうなので検索すると、そろそろ霧ヶ峰のレンゲツツジ が見頃とのこと。
ミツバツツジやヤシオツツジのピンクの色合いの方がレンゲツツジ のオレンジより好みなので、う〜ん、レンゲツツジ か…と思った。
昨年の車山高原のニッコウキスゲがあまりに見事だったので、いくらレンゲツツジ がたくさんあっても見劣りするのではと思ったが、何かが咲いていなくても行くだけで心満たされる素晴らしい高原ではあるし、昨年ニッコウキスゲの花にとまっていた可愛いノビタキがもういるらしいし、行くのに高速料金かからない(←ここ大事)し。
レンゲツツジ だけでなくコバイケイソウが咲いてるならコントラストも綺麗かな、と早速(と言ってもお昼過ぎ)でかけることにした。
相変わらず美しいなだらかな丘と青空の景色。
a0091680_15251442.jpg

今年はツツジの花数が少ないと言う話だが、雲の合間から覗くクッキリと濃い青空から陽光が落ちると斜面には明るく優しいオレンジ色が浮かび上がる。
a0091680_15385763.jpg

a0091680_15390062.jpg

ゆっくりゆっくり、雲の影と陽光が高原を過ぎる。
a0091680_15255121.jpg

a0091680_15255389.jpg

ごめんなさい。
車山のレンゲツツジ をナメてました。
一部分だけ集中して、とかパラパラっとと思っていたのが見事に裏切られた梅雨の晴れ間の車山。
翌日はまた朝から真っ青な空だったので、晴れ間を逃さずに高ボッチへ。
ノビタキのさえずる高原から見下ろす諏訪湖や、
a0091680_15271083.jpg

残雪の乗鞍、穂高岳の屏風の様な山容、はるか北の妙高山まで続く北アルプスの大パノラマを堪能してきた。

そして今朝、帰る間際に庭に相次いでやってきたキビタキ親子やオオルリ親子に後ろ髪引かれながら、梅雨空の自宅へ。。



[PR]
# by chatadon-06 | 2018-06-16 15:40 | 八ヶ岳 | Comments(0)

冬から春、平地の公園 2

冬から春、平地の公園 2
この冬から春、平地の公園のカワセミ以外の鳥さん。
a0091680_11471110.jpg
ルリビタキ。
公園で聞いたところでは♂の若鳥くん。生後11ヵ月くらい、だそう。
今頃はもしかすると八ヶ岳の方まで営巣に行ってるかな?
今年の暮れにはもっと「青い鳥」になって戻ってきてね。

a0091680_11471304.jpg
初めて見たアオジ?
a0091680_11471803.jpg
初めて撮れたシロハラ
a0091680_11472071.jpg
モズ♀
逆光でおヒゲが光ってる。
a0091680_11472339.jpg
カメラ目線が可愛い。

他にも鳥さんは多いのに、液晶画面上で場所がわかり、更にピントが合うまで待ってくれるのんびりした鳥さんしか撮れない。
兎に角、ファインダー付きのカメラが欲しい…

[PR]
# by chatadon-06 | 2018-05-29 11:59 | 植物・動物 | Comments(0)

中々ブログネタもないまま梅雨入り間近の今日この頃。
あ…そう言えば今年の冬から春、珍しく八ヶ岳南麓以外で撮った平地の都市?公園の鳥さん画像が結構あったっけ、と探して見てみると、公園のカワセミ画像が。
この公園には以前から何度もウォーキングにでかけたことがあるのだが、以前は鳥さんを見分けられるほどの倍率のカメラがなかったので鳥さん見ても誰だかわからなかった。
たまたま壊れた(壊した)カメラのピンチヒッターでとりあえず買った12000円のカメラが24倍望遠だつたので、一気に鳥さんが身近になったのだった。)
で、「鳥撮り目線」で改めてこの公園を調べると、冬鳥が色々と見られる場所らしい。
カワセミも通年見られるとの事だった。

(今まで、八ヶ岳南麓の庭に来る鳥さんは色々撮ったが、水辺に居るカワセミはさすがに八ヶ岳の庭には来ない。)

若い頃からカワセミを一度は見たいと憧れてきたのだが、「簡単に見られる筈はない」と思い込んでいて、まさかこの公園で見られるとは夢にも思っていなかった。

…で早速あらためてカワセミウォッチングへ。
最初は観察コーナーのガラス越し。
a0091680_11351077.jpg

ちょうど目線の高さに止まってくれたので虹彩がわかるほどに撮れた♪
a0091680_11340864.jpg

味をしめて出かけた後日。
先日とは少し離れた餌場の「お立ち台」の木に陣取って何度もダイブ。
側で見てても逃げないほど人馴れしてるけど、愛想の悪い顔で鬱陶しそうに睨む。。。
a0091680_11355142.jpg
風で羽毛が吹き分けられると、頭が小さい。
鳥さんに詳しいかたのブログではじめて知った見分け方(クチバシの色)によると
a0091680_11414503.jpg
↑♂
a0091680_11424410.jpg
↑♀
わ~。両方居る。ペアかな?

その後、冬鳥シーズンが終わるまで何度か公園に出かけたが、飛び回るカワセミにも何度も出会えた。
ツグミ?(右)とニアミス。双方ビックリ。
a0091680_11380924.jpg

大音響のイベントが終わった直後の公園で、「さすがに今日は居ないよね」と話しながら行って見ると、
「やっと終わった!お腹すいた!」 
とばかりに不機嫌そうな顔をしてほど近いお立ち台に出てきて居た。

この公園で巣立ったカワセミだったら、イベントだの土日の人出だの、カメラおじさんだのは日常茶飯事なのだろうな。

その後、目立たないところで巣作りに入ったらしく見かけないが、それにしても探しはじめるのが何十年も遅かった気がする。

でも、こんなに長く待ったからこそ、宝物を見つけたような幸せ感があるんだろうな。
オスかメスかを画像で見分けられただけでも嬉しさいっぱいの平地の公園だった。

[PR]
# by chatadon-06 | 2018-05-29 11:52 | 植物・動物 | Comments(0)

千客万来

5月初旬の八ヶ岳南麓。
山の下からの車で、渋滞。
a0091680_15035122.jpeg

車のフロントガラスに花粉もやって来る。
a0091680_14215718.jpg

4月半ばには夏鳥の姿がみうけられたが、5月に入ると千客万来。
庭先の高いカラマツのてっぺんの方でオオルリがさえずり、
a0091680_14224826.jpg

目の前の枝に止まった可愛いキビタキ♀はその後、巣材らしきものをくわえて飛んでいた。
a0091680_14231726.jpg

朝早くからものすごい勢いと声量でクロツグミが囀り、鳴き止んだな、と思うと庭先に姿が。
a0091680_14235244.jpg
a0091680_14241720.jpg
       ↑この辺のクロツグミを撮ろうとカメラを向けると、キビタキ♂がガンを飛ばしにやって来た。

コンコン、とかポクポクとかカナヅチで木を叩くような音がしていた木を見上げたら、アオゲラが巣穴から出てきた。
a0091680_14261619.jpg

朝ごはんを食べながら外を眺めていたら、はるか下の方から次第に近づいて来た長い尾の影。
a0091680_14275276.jpg
時々枝に止まりながら脇を通り過ぎて山の上の方に去っていった。

どうやらちょうど渡ってきたばかりで営巣地目指して登って行く姿を目撃したらしい。…なんか感動。

夏のお客様で大にぎわいの八ヶ岳南麓だった。


[PR]
# by chatadon-06 | 2018-05-17 13:42 | 八ヶ岳 | Comments(0)

無敵の春

先週、桜を見に出かける途中の安曇野の風景。

ただ車の外を眺めているだけなのに。。
有明山を正面に臨む素敵な春の景色がそこに。
a0091680_16112998.jpg
さらに進むと、なんと
a0091680_11550012.jpg
a0091680_11503397.jpg
安曇野の春は無敵。


[PR]
# by chatadon-06 | 2018-04-28 15:48 | おぉ~! | Comments(2)