冬から春、平地の公園の鳥さん

中々ブログネタもないまま梅雨入り間近の今日この頃。
あ…そう言えば今年の冬から春、珍しく八ヶ岳南麓以外で撮った平地の都市?公園の鳥さん画像が結構あったっけ、と探して見てみると、公園のカワセミ画像が。
この公園には以前から何度もウォーキングにでかけたことがあるのだが、以前は鳥さんを見分けられるほどの倍率のカメラがなかったので鳥さん見ても誰だかわからなかった。
たまたま壊れた(壊した)カメラのピンチヒッターでとりあえず買った12000円のカメラが24倍望遠だつたので、一気に鳥さんが身近になったのだった。)
で、「鳥撮り目線」で改めてこの公園を調べると、冬鳥が色々と見られる場所らしい。
カワセミも通年見られるとの事だった。

(今まで、八ヶ岳南麓の庭に来る鳥さんは色々撮ったが、水辺に居るカワセミはさすがに八ヶ岳の庭には来ない。)

若い頃からカワセミを一度は見たいと憧れてきたのだが、「簡単に見られる筈はない」と思い込んでいて、まさかこの公園で見られるとは夢にも思っていなかった。

…で早速あらためてカワセミウォッチングへ。
最初は観察コーナーのガラス越し。
a0091680_11351077.jpg

ちょうど目線の高さに止まってくれたので虹彩がわかるほどに撮れた♪
a0091680_11340864.jpg

味をしめて出かけた後日。
先日とは少し離れた餌場の「お立ち台」の木に陣取って何度もダイブ。
側で見てても逃げないほど人馴れしてるけど、愛想の悪い顔で鬱陶しそうに睨む。。。
a0091680_11355142.jpg
風で羽毛が吹き分けられると、頭が小さい。
鳥さんに詳しいかたのブログではじめて知った見分け方(クチバシの色)によると
a0091680_11414503.jpg
↑♂
a0091680_11424410.jpg
↑♀
わ~。両方居る。ペアかな?

その後、冬鳥シーズンが終わるまで何度か公園に出かけたが、飛び回るカワセミにも何度も出会えた。
ツグミ?(右)とニアミス。双方ビックリ。
a0091680_11380924.jpg

大音響のイベントが終わった直後の公園で、「さすがに今日は居ないよね」と話しながら行って見ると、
「やっと終わった!お腹すいた!」 
とばかりに不機嫌そうな顔をしてほど近いお立ち台に出てきて居た。

この公園で巣立ったカワセミだったら、イベントだの土日の人出だの、カメラおじさんだのは日常茶飯事なのだろうな。

その後、目立たないところで巣作りに入ったらしく見かけないが、それにしても探しはじめるのが何十年も遅かった気がする。

でも、こんなに長く待ったからこそ、宝物を見つけたような幸せ感があるんだろうな。
オスかメスかを画像で見分けられただけでも嬉しさいっぱいの平地の公園だった。

[PR]
by chatadon-06 | 2018-05-29 11:52 | 植物・動物 | Comments(0)