錦繍の東北② 紅葉の林、路肩崩落の道。

鳴子峡を出て、紅葉が美しいという国道108号と国道398号をなんとかうまく両方通れるように、二本の国道の間を「たぶん通れるはず」の県道で繋ぐルートをとることにした。
鬼首近辺。雨模様の曇天だが、斜面の紅葉のモザイクが見事。
a0091680_23042519.jpg

なおも進み、曲がり角を曲がった途端に突然の未舗装路♫
しかも看板♫
a0091680_23051416.jpg
林道じゃないよね?県道のはず。
「路肩注意」って書いてあるけど。
路肩崩落と書くべきでは?
a0091680_23054669.jpg

などと助手席窓を開けて、タイヤと路肩のわずかな距離を見下ろす紅葉の林の真っ只中。
(流石に終点近くでは「路肩崩れ」に変わってたけどw)

どこまでも、どこまでも、こんな真っ盛り初めて、と思う「完璧な紅葉」の山の中、路肩崩れの未舗装路を行く楽しさ。
a0091680_23103965.jpg

突然雲が切れ、向かいの山の斜面の紅葉が光り輝く。
a0091680_23110349.jpg

先を急ぎつつもおわってしまうのが名残惜しい、悦楽の林道、じゃなくて県道は国道398号に達して終わる。
a0091680_23295397.jpg

国道398号も時折路肩が錦の紅葉。
雲の中の栗駒山はもう雪かな、と冬枯れのブナ林の連なりと虹のかかる空を見渡す湯浜峠。
a0091680_23115126.jpg

寒風の絶景に震えながら急いで写真を撮り、秋田県湯沢市方面へと下る。






 

by chatadon-06 | 2018-12-01 22:10 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)