寒風の公園

a0091680_12444499.jpg
日曜日、寒風の中、公園に歩きに行った

 ←カツラの大木を見上げる。
傍にいる人が小人のように小さく見える大木だけれど、
まだまだ古木ではない。
若木で植えられてから、15年くらいだろうか。
いったいどこまで大きくなるのだろう。
自然林の中とは違い、
のびのびと樹冠を広げ、
地中と地上に大きな空間を占める。

a0091680_124573.jpg






斜面林の
遥かな梢に大きな巣がある。→


まだまだ見た目は冬枯れだけれど・・・
↓ハンノキの雄花はもうすぐ花粉を飛ばしはじめそう。
                            シャラ(夏つばき)の芽が光っている。↓a0091680_14444118.jpg
a0091680_12445678.jpg














時は2月。「光の春」
冷たく冴え渡る蒼空からは力強い光が溢れて来る。
凍てつく寒風の中、木々は陽光を内に蓄え、
春を謳うときを待つ。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-02-06 13:51 | 植物・動物 | Comments(0)