カテゴリ:八ヶ岳( 430 )

天気予報の気温のあまりの恐ろしさに、八ヶ岳南麓の高原の小屋から更に避暑に出かけることにした。
出来ればこの時期に見所があるところ。

なんて都合の良いところ…があった。
霧ヶ峰方面。
(混むので、平日限定だが)

連休直前、ニッコウキスゲ満開の車山へ。
a0091680_13431132.jpg

つい一か月前のレンゲツツジ とコバイケイソウから一変して、見事な緑と黄色の絨毯が続く。
a0091680_13432648.jpg

更に八島ヶ原湿原へ。
相変わらずの極上の風景。
a0091680_13440757.jpg
a0091680_13442813.jpg

などと振り返りながら自宅への帰り道の中央道。。
酷暑の甲府盆地を通過…。
a0091680_13420835.jpg
39度。






[PR]
by chatadon-06 | 2018-07-15 13:12 | 八ヶ岳 | Comments(0)

子連れの季節

オオルリやキビタキなどの八ヶ岳南麓の夏鳥について、
「南国からやって来るのではっきりした色合いをしている」(⇦トロピカルなイメージ?)と何となく思って来た。

でも、あの鳥さん達は夏の南麓生まれ。
渡り鳥と言っても「やって来る」のではなく生まれ故郷に「帰ってくる」のだ。
冬に飛来する白鳥が春になると営巣地に向かって「北帰行」するように、夏鳥は南の国から日本に「北帰行」する。
…なんだか不思議な感じだ。

前記事の、南麓で留鳥化したジョウビタキ達はもともとは南の国の生まれだったのに、営巣地に帰らなくなったわけだ。

…などというのは人間側の勝手な見方で、今南麓に居るジョウビタキに聞けば
「帰るってなに?
みんなここの生まれだよ」
と言うと思う。
それはそれで嬉しいかも。


先月半ば、八ヶ岳南麓の小屋からの帰り際。
夫と「帰る日に限って、鳥さんがワラワラと出て来るのよね〜」と話しつつ、しぶしぶ帰り支度。

案の定。。
庭の端をスィーっと横切る鳥の影。
あれはたぶん。。と、とりあえず撮ると
やっぱりオオルリ。
a0091680_15561288.jpg
直後に枝のとなりにヒナらしきもう一羽が来て一緒に飛び去ったが、撮れず。
(泣)
巣立ったばかりのチビ達があちこち飛び回るこの時期は、親鳥も高い所ばかりでなく人目につくところを仕方なく飛び回る。
a0091680_15550291.jpg

庭にあったキビタキの巣は空になっていたが、オオルリの雛のように無事に巣立ったのだろうか?
それとも、と心配しつつつつそのまま窓の外を見ていると、なんとすぐ目の前をキビタキパパと「チビタキ 」が横切り、デッキの手すりに止まる。
こちらもすぐ飛び去ってしまい、画像は撮れなかったので代わりの画像をw
a0091680_16032098.jpg
(萩原製菓のキビまんじゅう。)

キビタキパパはまだ羽毛が茶色がちの、一才らしい若鳥くんだった。
5月はじめに南麓の小屋に来た時、庭では可愛いキビタキ♀がせっせと巣材を運んで巣作りに励んでいたが、♂はたまにしか見かけなかった。
a0091680_22580986.jpg
一度、巣の前でしばらくボーっとしていた、まだ一歳くらいの羽の茶色が目立つ若鳥くんがいた。
それがあのキビタキパパなのだと思う。
a0091680_16144652.jpg
一歳って事は、去年の夏に小屋の近所で生まれたのかな(๑˃̵ᴗ˂̵)♡そして今年は庭で無事に孵った雛を連れて飛び回ってるなんて、子供が孫を連れて来たような気がする。

あまり観察できないまま南麓から帰って来てしまったが、この次からはジョウビタキの幼鳥まで範囲を広げて幼鳥達の種類を見分けなきゃならない。
さらに大変だけど、さらに楽しみだ。

新しい命で満ち溢れる南麓の夏が、この先もずっと続きますように。


[PR]
by chatadon-06 | 2018-07-04 11:02 | 八ヶ岳 | Comments(0)

レンゲツツジ の車山

今週半ばの八ヶ岳南麓。
梅雨時だと言うのに青空。
せっかくのお天気だからどこでも行ってくれるそうなので検索すると、そろそろ霧ヶ峰のレンゲツツジ が見頃とのこと。
ミツバツツジやヤシオツツジのピンクの色合いの方がレンゲツツジ のオレンジより好みなので、う〜ん、レンゲツツジ か…と思った。
昨年の車山高原のニッコウキスゲがあまりに見事だったので、いくらレンゲツツジ がたくさんあっても見劣りするのではと思ったが、何かが咲いていなくても行くだけで心満たされる素晴らしい高原ではあるし、昨年ニッコウキスゲの花にとまっていた可愛いノビタキがもういるらしいし、行くのに高速料金かからない(←ここ大事)し。
レンゲツツジ だけでなくコバイケイソウが咲いてるならコントラストも綺麗かな、と早速(と言ってもお昼過ぎ)でかけることにした。
相変わらず美しいなだらかな丘と青空の景色。
a0091680_15251442.jpg

今年はツツジの花数が少ないと言う話だが、雲の合間から覗くクッキリと濃い青空から陽光が落ちると斜面には明るく優しいオレンジ色が浮かび上がる。
a0091680_15385763.jpg

a0091680_15390062.jpg

ゆっくりゆっくり、雲の影と陽光が高原を過ぎる。
a0091680_15255121.jpg

a0091680_15255389.jpg

ごめんなさい。
車山のレンゲツツジ をナメてました。
一部分だけ集中して、とかパラパラっとと思っていたのが見事に裏切られた梅雨の晴れ間の車山。
翌日はまた朝から真っ青な空だったので、晴れ間を逃さずに高ボッチへ。
ノビタキのさえずる高原から見下ろす諏訪湖や、
a0091680_15271083.jpg

残雪の乗鞍、穂高岳の屏風の様な山容、はるか北の妙高山まで続く北アルプスの大パノラマを堪能してきた。

そして今朝、帰る間際に庭に相次いでやってきたキビタキ親子やオオルリ親子に後ろ髪引かれながら、梅雨空の自宅へ。。



[PR]
by chatadon-06 | 2018-06-16 15:40 | 八ヶ岳 | Comments(0)

千客万来

5月初旬の八ヶ岳南麓。
山の下からの車で、渋滞。
a0091680_15035122.jpeg

車のフロントガラスに花粉もやって来る。
a0091680_14215718.jpg

4月半ばには夏鳥の姿がみうけられたが、5月に入ると千客万来。
庭先の高いカラマツのてっぺんの方でオオルリがさえずり、
a0091680_14224826.jpg

目の前の枝に止まった可愛いキビタキ♀はその後、巣材らしきものをくわえて飛んでいた。
a0091680_14231726.jpg

朝早くからものすごい勢いと声量でクロツグミが囀り、鳴き止んだな、と思うと庭先に姿が。
a0091680_14235244.jpg
a0091680_14241720.jpg
       ↑この辺のクロツグミを撮ろうとカメラを向けると、キビタキ♂がガンを飛ばしにやって来た。

コンコン、とかポクポクとかカナヅチで木を叩くような音がしていた木を見上げたら、アオゲラが巣穴から出てきた。
a0091680_14261619.jpg

朝ごはんを食べながら外を眺めていたら、はるか下の方から次第に近づいて来た長い尾の影。
a0091680_14275276.jpg
時々枝に止まりながら脇を通り過ぎて山の上の方に去っていった。

どうやらちょうど渡ってきたばかりで営巣地目指して登って行く姿を目撃したらしい。…なんか感動。

夏のお客様で大にぎわいの八ヶ岳南麓だった。


[PR]
by chatadon-06 | 2018-05-17 13:42 | 八ヶ岳 | Comments(0)

帰り道

先週は大雪だったらしい八ヶ岳南麓。
あちこちで大きな赤松が幹の途中からボキボキと折れていた。
そこここに残っていた雪もあまりの暖かさ(暑さ?)にすっかり溶けた今日。
暖かくても標高が高い八ヶ岳高原大橋(黄色い橋)あたりはまだまだ冬木立。
a0091680_16075867.jpg

まだ芽吹かない林を眺めながら山を下りる。
甲府盆地まで下りると一気に春たけなわ。
a0091680_16083915.jpg

桃の花も咲き始めていた。
中央道の道すがら、まだまだ新緑には程遠い林の木々の中、ヤマザクラが早々と満開状態。
サクラだけ開花スイッチが早めに入り、どんどん走り出してしまった感じで、例年の新緑の中のヤマザクラと少々違う風景になっている。

八王子に近づいてくると、ようやくサクラと新緑の歩みが揃う感じ。
でも、この感じ、例年だと4月中ば?
a0091680_16090453.jpg

オーロラの絵柄が涼しげでホッとする暑さの中央道。
a0091680_16091725.jpg
近頃、ほどほどに寒くて暖かさにホッとする「春のちょうど良さ」がなくなってしまったような気がする。

以前よりはずっと気温が高いけれど、まだまだちょうど良い八ヶ岳南麓の春の景色。
畔の草花と残雪の南アルプス。
甲斐駒ケ岳から北岳。
a0091680_16095176.jpg
北岳と鳳凰三山。
a0091680_16173224.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2018-03-30 15:26 | 八ヶ岳 | Comments(0)

この日のシメは、雪のある景色も撮りたいとの夫の希望で一月に引き続き、万治の石仏へ。
諏訪大社春宮にお参りして
a0091680_11230987.jpg

大好きな巨木にも挨拶。
a0091680_11272179.jpg

小さな御柱の建つお宮の横をとおって
a0091680_11274737.jpg

先月に引き続き、周囲を3周回ってお参り。
a0091680_11122017.jpg
無理矢理の雪景色。(^^;
a0091680_11133172.jpg


お昼を食べたのは諏訪の名物らしいハルピンラーメンの市役所前支店。
a0091680_11174053.jpg

a0091680_11174186.jpg

私の食べた方は、胡椒かなりきいてますけど大丈夫ですか?との警告(?)どおり、上澄みをそっとすくってもレンゲの中に胡椒が黒く沈澱してた。
寒い時期には最適の心も体も胃の中もホットになりまくる美味しさ。

ほんの3時間程だが、この先いつ見られるかわからない絶景「御神渡り」を堪能し、さらに「諏訪名物観光ミニコース」をコンプリートした気分だった。
a0091680_12071856.jpg





[PR]
by chatadon-06 | 2018-02-24 11:16 | 八ヶ岳 | Comments(0)

2月の半ば。
久しぶりの御神渡り出現との事で、是非見ておかねば、と八ヶ岳南麓の小屋から出かけた。
諏訪湖には一月にも行ったが、その時は暖かさでせっかくの氷がほとんど溶けていた。

今回も、たまたま暖かい日が何日か続いていたので、せっかくの御神渡りが溶けてるんじゃないか、と心配したのだが…

湖岸に沿って少しだけ氷が溶けている以外は諏訪湖全てがすっかり凍結して白い。
a0091680_18031123.jpg

a0091680_11021931.jpg

⬆︎ 御神渡り接岸地点。
片側からだけの力でこれだけ乗り上がるのだから湖上の両側からの力の合力は相当なもの。
昨夜も大きな音がしていたと誰かが話していた。
a0091680_11032867.jpg

亀裂に沿って水たまりがある箇所は、極北の海に浮かぶ氷山のような、美しくも不思議な光景。
a0091680_11035828.jpg

諏訪湖対岸の接岸地点へと回る。
蛇行しながら長々と続く御神渡り。
a0091680_11045028.jpg

遠くの山が水たまりに映り、
a0091680_11051699.jpg
振り向くと
御神渡りの向こうに八ヶ岳。
a0091680_11061996.jpg
a0091680_11065737.jpg

一期一会の御神渡り。
来年は見られるのだろうか?

[PR]
by chatadon-06 | 2018-02-24 10:16 | 八ヶ岳 | Comments(0)

寒さ。

美しく雪をいただく八ヶ岳。
はるかかなたには中央アルプスの雪山の屏風。(鉄塔の左奥。)
a0091680_14343726.jpg
とっぷり雪を纏いつつある白峰三山と南アルプス…
a0091680_14363160.jpg


…を後ろに見ながら八ヶ岳南麓からの帰り道。
残念。


たまたま暖かい数日間、八ヶ岳南麓の小屋に滞在したが、近所の方の話ではマイナス10度以下の日が続き、凍結で水道関連の故障が相次いでいるらしい。
更に、野辺山の上の方の山荘では−30度になったとの話を聞いたとか。

…南極か!?

着いた日の小屋のポットの中。
残った水と結露した雫が全てそのまま凍ったアイスワールド。
a0091680_14511399.jpg
ふと、中学の英語の授業で教わった文章を思い出した。

You might think but today’s some fish!

言うまいと 思えど今日の 寒さかな。

[PR]
by chatadon-06 | 2018-02-18 14:19 | 八ヶ岳 | Comments(0)

昨年末の( ̄▽ ̄;)鳥さん

昨年末からスマホのバッテリーが持たなくなり、ケーブルかモバイルバッテリーをつけてないと長く使えない。
ブログ更新も手間がかかって面倒。
…などどグズグズしているうちに、一月も終わってしまった。(どころか2月も半ば。)

なのでとりあえず(?)昨年12月の八ヶ岳南麓の鳥さん画像。
…リスが中々姿を見せず、常連さんのヤマガラ以外は誰も通り掛からない南麓の小屋滞在の最終日。
あーあ、とうとう誰も来なかったなぁ、と、しぶしぶ帰り仕度。
掃除しながらふと見るとコゲラが窓のすぐ外にきた。
更に、別のコゲラと他にも何羽もいろんな鳥が。
この時期に時折見かけるカラ類の混群らしい。
しかも、一度は撮りたかったヒガラらしい姿が。あー、もう時間ないのに!

更にピラピラッと羽根を振りながら生垣伝いに来るのは…
ネット上の皆様の画像で見たことがある、あのユニークな黒い模様つきの羽根は…キクイタダキ。
a0091680_18282680.jpg

顔だちのせいか、「薄幸だけど健気に生きてます」って風情に見えるのが不思議。

そして、こちらは顔だちと体型のせいか、生意気な、一本角の小鬼に見える。
a0091680_18303124.jpg
可愛い妖怪。
a0091680_18303232.jpg
もっと時間のある時に、また来てね。。


[PR]
by chatadon-06 | 2018-02-10 18:39 | 八ヶ岳 | Comments(0)

やっと紅葉ネタ終わり。

流石に今回は紅葉ネタじやないだろう
と思ったあなたにお送りする、駄目押しの八ヶ岳南麓の紅葉!
奥会津紅葉ツァーの後の11月半ば。
もう終わりだろうと思って行った八ヶ岳南麓は、例年になく鮮やかな紅葉が待っていてくれた。。

小屋より標高が下がればまだすこしは残っているかな?と出かけた清里湖(大門ダム)あたり。
対岸の斜面、落葉の木立が美しい。
a0091680_11484918.jpg

そしてこちら側の斜面の先には。。
a0091680_11542883.jpg

a0091680_11542933.jpg

a0091680_11543332.jpg

例年の南麓はカラマツの黄葉がハイライトで、ブナ、ナラ類は渋めにキレイなのだが、今年は日当たりの良い場所の樹々が極めて鮮やかな紅葉を見せていた。

自宅あたりの紅葉も今年はいつになく鮮やかだったけれど、流石にしつこいのでこれだけ。
a0091680_22434670.jpg


来年も紅葉の当たり年だといいな。



[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-10 22:33 | 八ヶ岳 | Comments(0)