タグ:・・・な~んてね。 ( 168 ) タグの人気記事

a0091680_11473534.jpg先日の南相木ダムからの帰りに寄った温泉でノバラのハチミツを買った。
もったいないのでまだ食べていない。でも、見ているだけで楽しい気分になる。
間違いなく、夢のように素敵な味がすると思いませんか?
開けなければ分からないことだけれど、もしも「いまいち」だったり、妙な味だったらがっかりするだろうな。
以前そーいうふうに衝動買いした「栗の花の蜂蜜」は、少しだけ微妙な味 (ちゃたろう的に) だったから。
蓋を開けるまでの時間を楽しむ・・・で思い出したことが。
夫が長いこと当選番号を見ないでいた宝くじの、引き換え期限が過ぎてしまった。
私なら、もし当たっていると悔しいから絶対に確かめずに捨てるが、夫は違った。
「当たってたら悔しいじゃない。」と忠告したのだが聞きいれず、確かめると言い張る。
もし万が一、三億当たっていたら?
一生、不幸な記憶にさいなまれ、自己嫌悪に陥り、あろうことか気が付かなかった私にまで憤ったりしてしまうかもしれない。良いことなど何もない
それとも潔く、(悪態くらいついても) 諦められるのだろうか。
いかなる事態にも耐えうる強靭な精神力の持ち主なのか? 夫。
それとも当たらないのはちゃんと分かっていて、冷静に結果を確かめたいだけだったのだろうか?
・・・・いやいや、そこまで「当たらない確信」があるくらいならそもそも買わないだろう。
怖いもの見たさ?
まあ、そこまで深読みしなくとも、人はパンドラの箱を開けたいものなのだ。
子ちゃた達にも「一体何がしたいの?」と訝しがられながら、番号を確かめる夫。
そして、一言。
「素晴らし~い、一枚も該当なし!」(5枚だったので、下ひとケタすらも当たっていなかった)
と、当たらなかったことがさも幸運だったかのように、とても晴れ晴れとした表情で喜んでいた

不幸中の幸い・・・なのだろうか?不幸中の不幸・・・のようだが。
いや、不運だった幸い?
宝くじから得られる幸福にランク付けをしてみると、
1、高額あたる。
2、多少当たっていた。
3、何事にも気づかないまま。(←±0レベル。以下はマイナス)
4、期限内に調べたがハズレ。
5、多少当たっていたことに期限過ぎてから気が付いた。又は、知っていたが引き換えなかった。
6、高額当たっていたことに期限過ぎてから気が付いた。
7、・・・無いと思うが、
 「当選気分」を楽しみすぎて引き換えるのを忘れた。(でも実際に有ったりしそうなのが人間の怖いところ。)
 又は、しまい忘れて期限に間に合わなかった。(私ならありそう・・・)
  
    
このほかのハズレでも喜べる唯一のパターンが今回の、「後から分かるハズレ」だ。
このランキングに当てはめると、上から二番目くらいに位置するかなりな幸運と言える。
「当たるかも」という淡い希望すらも許されないパンドラの箱の底に、思いがけない幸福感が残っていたのだった。
       リスクを冒して調べた甲斐があったということになる。
虎穴に入らずんば虎子を得ず。。。。?ちょっと違う気もするが
             ま、幸せなんだから、良かった。。。。
a0091680_1148111.jpg

このハチミツ、しばらくは眺めて楽しむことにします。
外れるまでの時間を楽しむ宝くじみたいに


※今のジャンボは1000万分の一の確率だそうなので、『万が一』の、さらに1千分の一の確率。当たらないよね~。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-05-18 12:07 | 何か変・・・? | Comments(8)

不思議な光景

a0091680_12272324.jpgパッケージの絵は、すてきなマイナスイオンのたまご雰囲気を確かに表現している気がする。
でも、何処がどうマイナスイオンなのか、マイナスイオンとどういう係わりがあるのか、どこにも、一言も、書かれてない。
また、イオンには素敵なのと素敵でないのがあるようにも思える。
「・・のたまご」の一言でで関連性をすべて表現し切ったかのように、終わり。大胆不敵
文句をつけられても、イオン色をしてる(笑)、とかこの会社の名がイオンだとか(訴えられそう)、なんとでも申し開きは出来そう。


a0091680_12281851.jpgら~めん・・
確かに、道交法では赤い布を先端につければ良いことになっていた。
・・・ラーメン構造、という建築工法はあるが、それ用の鉄材でもないらしい。
何となく、鋼板出前中?などと思ってしまう素敵な眺め。

a0091680_12292346.jpgバス停でバスを待つバスの運転手
たまにしか横を通らないバス停なのに、最近二度もバスを待つ運転手を見かけた。
この道の先にバス会社の営業所があるにはあるが、停留所は反対方向行きだし、営業所からここまで歩いて来たにしてもかなり遠い。
普通の光景のようで、考えはじめると果てしなく疑問がわく物凄く不思議な光景だ。
この人は一体何処から来てどこに行くのか?

そういえばここは霊園のすぐ近くだが、まさか・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2007-04-28 12:37 | 何か変・・・? | Comments(8)

梨農家の休日

次の記事が決まる前にリクエストがありましたので・・・
21日をまだ読んでいないかた、そちらを先にどうぞ。また、4/26、最後に補足を加筆しました。

農閑期の冬、久方ぶりの休日を温泉でのんびり過ごした梨農家のあるじ。
果樹農家として成功するまでの道のりを振り返る。

富士山を露天風呂から眺めながら感慨にひたる。
この富士山のように日本一の梨を作っているという自負はある。
a0091680_22344767.jpg

梨が「無し」に通ずるから縁起を担いで「ありの実」と呼んで何とか贈答品として売り込みたいと願った時期もあった。天候不順で実が小さかったり、甘みが乗らなかったり雹の被害をうけたり・・・何度も後を継ぐのをやめようと思ったこともあるし、少し前まで息子に後を継がせたくないと思っていた。
でも、こうして報われる日が来た。クラウンとBMW、息子夫婦のベンツも連ねて温泉にやってくることができる今日という日が。
お盆の時期になると、親戚に送るために注文する客が近隣から押しかけてくる。
この時期の客は作柄がよい年も悪い年も来るし、かなり高額でも他の贈答品に乗り換えたりはしない、いわば固定客だ。しかもデパートを通じた贈答と違い、収入のすべてが手元に入る。
少し見劣りがするものも店頭に置いておけば自宅用に売れる。

・・・でも、収入が増えることだけが農業の喜びではない。土をつくり、樹を育て、実を成らせ、飛び切り上等の梨を作ること。
土にまみれ、炎天下汗を流し、寒風に吹かれ剪定をすること。そうして手をかければかけただけ作物は応えてくれる。それこそが本当の農家の喜びだ。
たまたま近郊の果樹園としての立地が良かったから、こうして報われることが出来たが、農家の真髄、「汗水流して働くことの尊さ」「金銭だけでない、作物を作る喜び」を片時も忘れてはならない。
少しばかり収入が増えたからと言って、昔の苦しい時代のつましく堅実な暮らしを忘れてはならないのだ。

・・・だから梨農家のガレージには、今の高収入におごり高ぶらないように自らを戒めるために、農家の基本・軽トラックが、何台もの高級車の奥の片隅に、今も置いてある


         ・・・More 
[PR]
by chatadon-06 | 2007-04-23 22:48 | 何か変・・・? | Comments(11)

避雷針の憂鬱

a0091680_1039737.jpga0091680_10384586.jpg解体予定のビルに、古いプレートを発見。
そういえば、避雷針に落ちた雷はその先どうなるのか、漠然としか考えてみたことがなかった。
下を見ると、コンクリートの基礎の中に管の先が埋まっているので、
その先で地中に放電しているのだろう。

見上げると、アース線が壁を這い上がり、ビルの屋上から突き出したアームを経て先へと消えている。離れた所からだと屋上の避雷針が良く見えるが、避雷針は何方向もワイヤーでひっぱって固定してある。a0091680_10412920.jpg
ビルの上にはどこでも避雷針があることは知っていたが、「雷の道」がこんなにはっきり目に見えるかたちで存在する光景に胸を打たれ、暫し見入ってしまった。

・・・ところで、避雷針は雷を避ける針と書くが、これは人間側からの勝手な言い分だ。
避雷針さんにとっては自分は「被」雷針な訳で、きっと、自分の立場にうんざりしているに違いない。
もし名前の通り「雷を避ける」事が許されるものなら、きっと逃げ出したいに違いない。
避雷針を固定してあるように見えるワイヤーも、実は避雷針が逃げないように繋いでおく為なのかもしれない。
a0091680_10504296.jpg
。。。夕立ちの中、いつも雷を引き受けてくれていた避雷針が逃げ出して、助けを求めて来たら、あなたはどうします?

来るなと怒鳴り、逃げますか?
それとも、がっちり抱き留めて、共に雷に撃たれますか?

え?・・・私だったら?
私には家族がいるので何もしてあげられないとあやまり、「アナタは偉い」、と必死で感謝し、褒めます。
もちろん、う~~~んと遠くから。。。 


避雷針は、本当は逃げたい訳でなくて、そんなちょっとした感謝のキモチが欲しいだけなのでは?と思いますので。


街なかで避雷針を見かけたら、
              感謝のマナザシを向けてあげましょう。

[PR]
by chatadon-06 | 2007-02-27 11:32 | 何か変・・・? | Comments(10)

ヤチくん

a0091680_223304.jpg風呂追い焚き機のオマケで我が家に来たサルのぬいぐるみ。
なかなか見かけないテイストで、気に入ってしまった。
「ヤチくん」という名をつけた。
首都圏ローカルだと思うが、NHK朝ドラの直後のニュースのアナウンサー、谷地ケンゴさんに、マナザシが似ている気がしてきて、そう呼んでいる。
夫はそんなに似ていないというし、我が家唯一の理工系人間の子ちゃたAはそういう与太話にはあまり付き合ってくれないので、時折遅い朝食を摂る「口から生まれた」文系人、子ちゃたBを捕まえて、付き合わせる。
++++++++++++++++++++++++++++

谷地さん:『ニュースの時間です』
ヤチくん:『あ、あの~』
 
 谷: 『な、なんですか?サルですか?』(仕事中なのでちょっと憮然。)
 ヤ: 『あの~、ぼく、親を探しています。』(オドオド・・)
 谷: 『それで私に何か?」(ちょっとイラつく)
 ヤ: 『ぼくがとてもアナタに似てるって・・・・』
 谷: 『失敬な!私のどこがサルに似ているんですか!?』
 ヤ: 『いえ、アナタがサルに似ているんではなくて、サルがアナタに似て・・・じゃなくてぼくがアナタに似ていて・・・』
 谷: 『何ですか、君がぼくに似ていて、君はサルで、サルはぼくに似ていて、だからぼくはサル・・・ ああ!!分からなくなった!』
 ヤ: 『ご、ごめんなさい~。』
 谷: 『とにかく、私はサルに似ていないし、サルなど生んだ覚えもない!君の顔など二度と見たくない!』
ヤチくん、衝撃を受け黙って見上げたまま、滂沱とただ涙する。
                                  。。。凍りつく沈黙の空間。。。
反芻するように小声でヤチくんがつぶやきはじめるが、
            その声は次第に大きくなり、最後は悲鳴に近いものに。
『サ、サルなど産んだ覚えはないっ・・・・って、ぁぁ・・・!』
       『じゃあ・・・お母さんじゃなくって・・・・お父さんなんだっっ』
                                   『お父さ~~~ん』(感涙)


こうして、根拠のないポジティブ思考、強引なだけの勘違いな人(?)に世間は振り回されます。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-02-17 22:36 | 何か変・・・? | Comments(7)

「神は細部に宿る」はミース・ファン・デル・ローエ という建築家の言葉だ。
(詳細は検索してみて下さい・・・)
a0091680_1049510.jpg先日、子ちゃたBのところに大学から来た封筒。どう考えても、印刷ミスを訂正するためのシールに見える。
封筒が無駄にならないように、大切に使ったと言えない事も無い。・・・・でも、大学には「学問の府」としてのメンツってものがあるだろう。
対外的な印刷物の仕様や書式、デザインは、組織の顔に等しいと思うので、このような時は、たとえ封筒が無駄になっても、学問的権威やメンツは守って欲しい気がする。
釣った魚に餌が要らないように、もう学費を払い終えた学生には費用を掛けたくないってことなの?

私が学生の時、「大学ってスゴイ所だ」と心底感じた書類があった。
すべての書類が印刷所に発注してつくられていた時代に、「改姓届け」専用の届出用紙が学部事務所に備えてあったのだ。
こともなげに、「これに記入してください。」と出された時は、びっくりした。
変な話だが、それで大学の歴史の古さや、集う人間の多様さを思い知った。
ちなみに、子ちゃたBと同じ大学だ。
 時代は、学問の府の権威やメンツを保つことよりコスト削減優先というところか。
・・・っていうか、変換ミスくらい早めに気付け~~~!!

ところで、封筒のシール。これは剥がしてみたい。はがさない人がいたら、教えて欲しい。
この細部に、この大学のどのような神髄が宿っているのだろうか。

。。。。。はがしてみると。。。。
[PR]
by chatadon-06 | 2007-01-24 10:58 | 何か変・・・? | Comments(6)

徹夜の友

子ちゃたに頼まれて、ドリンク剤を買った。こういうものは猛烈サラリーマンの疲労回復のための必須アイテムなのかと思ったが、「目が覚める」そうだ。本当かい?能書きにホントに「眠気覚ましに」と書いてあるかどうか確認しそびれたが、ご当人は「ホントに目が覚める」と言い切る。a0091680_9582029.jpg
まあ、どっちでも何とか期日に間に合ってくれれば良いので「そぉ?」と適当に応える。
「タウリンの多い方で、高い方」のご指定なので、薬局しかないかと思いきや、帰りに寄ったコンビニにもちゃんと置いてあった。
こんなものに頼るより、何でもっと早くやっとかんのだ、といつものように言おうと思ったが、子ちゃたともめても、余計に間に合わなくなるだけで良いこと無いので止めた。
明日できることは今日するな」が座右の銘のような母なので、人のことは言えないし。

この リポ○タンD の効果かどうか、提出期限には間に合ったらしい。
それにしても、紫式部も、はるか未来の学生がリポD飲み飲み「助動詞」の数ををカウントするなんて想像すらしなかったろう。
ん?・・・もしかするとこの先の遥かな未来、 「猛烈サラリーマンの生活から考察する、20世紀末~21世紀初頭の日本経済」 なんて題の論文のために、「リポ○タンD」や「リ○イン」 をネット検索したり、カウントしたりする学生が出てくるかもしれない。
遥かな未来の学生君、もしここにたどり着いてこれ読んでたら、ゴメンね~。
「リポ○タン」なんて伏せ字使ってて。・・・・検索しづらくって、大変だったよねぇ


                 ・・・・と、バカなことを考える母。
[PR]
by chatadon-06 | 2006-12-18 10:00 | 何か変・・・? | Comments(3)

ぎょちょうこつ

   魚腸骨・・・・
            ふと目に飛び込んできた見慣れぬ単語

a0091680_081616.jpg・・・いや、熟語かも知れない。
何か仏教的な響きもある。
烏骨鶏、盂蘭盆、曼荼羅・・・・
同じオーラを放つ言葉が次々に脳裏をよぎる。

  ↑ 一瞬の間だけ、このようなイメージが脳裏に形成された。

「骨」とは人間の肉体を現すのだろうか?現世の煩悩に悩まされる、といった意味かも知れぬ。
「魚」とは何か思いつかないが、木魚というのもあるし。
「腸」は「断腸の思い」・・やはり「煩悩系」の言葉か?

この神秘の3文字の記された禁断の扉を、

開けて見たい人はクリック・・・
[PR]
by chatadon-06 | 2006-11-22 15:45 | 何か変・・・? | Comments(0)