タグ:季節 ( 111 ) タグの人気記事

千客万来

5月初旬の八ヶ岳南麓。
山の下からの車で、渋滞。
a0091680_15035122.jpeg

車のフロントガラスに花粉もやって来る。
a0091680_14215718.jpg

4月半ばには夏鳥の姿がみうけられたが、5月に入ると千客万来。
庭先の高いカラマツのてっぺんの方でオオルリがさえずり、
a0091680_14224826.jpg

目の前の枝に止まった可愛いキビタキ♀はその後、巣材らしきものをくわえて飛んでいた。
a0091680_14231726.jpg

朝早くからものすごい勢いと声量でクロツグミが囀り、鳴き止んだな、と思うと庭先に姿が。
a0091680_14235244.jpg
a0091680_14241720.jpg
       ↑この辺のクロツグミを撮ろうとカメラを向けると、キビタキ♂がガンを飛ばしにやって来た。

コンコン、とかポクポクとかカナヅチで木を叩くような音がしていた木を見上げたら、アオゲラが巣穴から出てきた。
a0091680_14261619.jpg

朝ごはんを食べながら外を眺めていたら、はるか下の方から次第に近づいて来た長い尾の影。
a0091680_14275276.jpg
時々枝に止まりながら脇を通り過ぎて山の上の方に去っていった。

どうやらちょうど渡ってきたばかりで営巣地目指して登って行く姿を目撃したらしい。…なんか感動。

夏のお客様で大にぎわいの八ヶ岳南麓だった。


[PR]
by chatadon-06 | 2018-05-17 13:42 | 八ヶ岳 | Comments(0)

無敵の春

先週、桜を見に出かける途中の安曇野の風景。

ただ車の外を眺めているだけなのに。。
有明山を正面に臨む素敵な春の景色がそこに。
a0091680_16112998.jpg
さらに進むと、なんと
a0091680_11550012.jpg
a0091680_11503397.jpg
安曇野の春は無敵。


[PR]
by chatadon-06 | 2018-04-28 15:48 | おぉ~! | Comments(2)

雪山とオオヤマザクラ

地質のせいなのか、気候のせいなのか、八ヶ岳南麓から見渡す山々のほとんどは(北岳のてっぺんを除き)真っ白く雪に覆われる事がない。
南アルプスや八ヶ岳は美しく厳しい冬山の姿を見せるが「雪山」の風情はあまりない。

先週、八ヶ岳南麓から安曇野を北上してたどり着いた白馬村の高台。
a0091680_22330808.jpg
台地の下にはアルプスから運ばれて来た土砂で埋まりつつある姫川第二ダム。
a0091680_22343627.jpg
高台の向かいには真っ白な北アルプスのパノラマが広がる。
a0091680_22350972.jpg
その高台の真ん中に伸び伸びと樹冠を広げるまだ若いオオヤマザクラ、野平の一本桜。
a0091680_22355853.jpg
今はまだ、雪山に春を告げる花束のような初々しさだが、この先幾たびも春を迎えて空に伸び広がり、何十年かの時を経てこの景色の主役となる大樹に育つだろう。
そこまでは見届けられないだろうけれど、
それでも。。

…いつかまた、花盛りの春の日に。

a0091680_23213622.jpg
雪山とオオヤマザクラ。
いつかは見たかった景色に出会えた。


[PR]
by chatadon-06 | 2018-04-26 22:30 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

名残の桜

爆速で咲き終わってしまった関東の桜。
自宅近辺を除き今年はどこにも観桜に行かなかったので、昨日、八ヶ岳南麓の小屋から長野北部の桜を観に出かけた。
めざす桜(オオヤマザクラ)はまだあまり開いていないとの情報が多かった。
北国に多いヤマザクラの一種、オオヤマザクラは別名エゾヤマザクラ、またはベニヤマザクラ。
白っぽく霞むソメイヨシノやヤマザクラに比べて濃いめのピンクが柔らかくあでやかに春を告げる。

やっと咲き始めらしいが、どーせウチのペースで出かけるから、たどり着くまでには少しは咲き進むに違いない、とのんびりと出かける。
まずは中山高原の菜の花で桜開花までの時間稼ぎ。
a0091680_16095992.jpg

お昼ご飯を食べて。。
わざわざ(?)ゆっくり来た甲斐あって、一本桜は何とかちゃんと開花状態。
a0091680_16030718.jpg

今日明日あたりは満開かなぁ、と思うが、この暑さの中、土日の混雑を考えると、昨日がベスト。
帰りがけ寄った有名どころの中綱湖の桜も何とか咲き進んでいた。
a0091680_16020283.jpg
a0091680_16022239.jpg
最後を飾るのは南麓の小屋最寄りのヤマザクラ。
a0091680_16041136.jpg

で、きょうは甲府盆地通過時31℃の酷暑の中、自宅へと帰宅中。
a0091680_16001078.jpg

午後の光だとモノクロっぽく見える富士山が今日は青く美しかった。
a0091680_16005994.jpg

追記:山手トンネル出口は35℃…orz
a0091680_16231927.jpg



[PR]
by chatadon-06 | 2018-04-21 15:30 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

帰り道

先週は大雪だったらしい八ヶ岳南麓。
あちこちで大きな赤松が幹の途中からボキボキと折れていた。
そこここに残っていた雪もあまりの暖かさ(暑さ?)にすっかり溶けた今日。
暖かくても標高が高い八ヶ岳高原大橋(黄色い橋)あたりはまだまだ冬木立。
a0091680_16075867.jpg

まだ芽吹かない林を眺めながら山を下りる。
甲府盆地まで下りると一気に春たけなわ。
a0091680_16083915.jpg

桃の花も咲き始めていた。
中央道の道すがら、まだまだ新緑には程遠い林の木々の中、ヤマザクラが早々と満開状態。
サクラだけ開花スイッチが早めに入り、どんどん走り出してしまった感じで、例年の新緑の中のヤマザクラと少々違う風景になっている。

八王子に近づいてくると、ようやくサクラと新緑の歩みが揃う感じ。
でも、この感じ、例年だと4月中ば?
a0091680_16090453.jpg

オーロラの絵柄が涼しげでホッとする暑さの中央道。
a0091680_16091725.jpg
近頃、ほどほどに寒くて暖かさにホッとする「春のちょうど良さ」がなくなってしまったような気がする。

以前よりはずっと気温が高いけれど、まだまだちょうど良い八ヶ岳南麓の春の景色。
畔の草花と残雪の南アルプス。
甲斐駒ケ岳から北岳。
a0091680_16095176.jpg
北岳と鳳凰三山。
a0091680_16173224.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2018-03-30 15:26 | 八ヶ岳 | Comments(0)

2月の半ば。
久しぶりの御神渡り出現との事で、是非見ておかねば、と八ヶ岳南麓の小屋から出かけた。
諏訪湖には一月にも行ったが、その時は暖かさでせっかくの氷がほとんど溶けていた。

今回も、たまたま暖かい日が何日か続いていたので、せっかくの御神渡りが溶けてるんじゃないか、と心配したのだが…

湖岸に沿って少しだけ氷が溶けている以外は諏訪湖全てがすっかり凍結して白い。
a0091680_18031123.jpg

a0091680_11021931.jpg

⬆︎ 御神渡り接岸地点。
片側からだけの力でこれだけ乗り上がるのだから湖上の両側からの力の合力は相当なもの。
昨夜も大きな音がしていたと誰かが話していた。
a0091680_11032867.jpg

亀裂に沿って水たまりがある箇所は、極北の海に浮かぶ氷山のような、美しくも不思議な光景。
a0091680_11035828.jpg

諏訪湖対岸の接岸地点へと回る。
蛇行しながら長々と続く御神渡り。
a0091680_11045028.jpg

遠くの山が水たまりに映り、
a0091680_11051699.jpg
振り向くと
御神渡りの向こうに八ヶ岳。
a0091680_11061996.jpg
a0091680_11065737.jpg

一期一会の御神渡り。
来年は見られるのだろうか?

[PR]
by chatadon-06 | 2018-02-24 10:16 | 八ヶ岳 | Comments(0)

冬の混雑

怒濤の紅葉狩りシーズンネタを終え、ようやく冬ネタに。

先週のこと。
新しいスタッドレスタイヤの慣らしドライブとその後の点検の為に、取り敢えず100キロほど走らなければならないからどっかに行く?と夫に聞かれた。

反射的に「とにかく高速代かからないところ」、と考える庶民の性。

ふと思い出したのが、先日のニュースで見た白鳥の飛来地。
今年も飛来したとのことだった。
千葉県の北部、利根川に近いところ…って、この前ウナギご馳走になりに行ったほう?

まああっち方向なら平日昼間はそんなに混んでいないだろうから、一般道でキロ数を稼ぐには良いか、とそこに決定。

例によって遅い出立なので、もう白鳥は出勤しちゃっていないかも〜、でもいいよね、100キロ走るのが目的だから、とか言いつつも期待。

途中、高速道路ではありません、と看板の立つ千葉ニュータウン内の70キロ制限の直線道路を走り、下りて脇道に入った途端、「民家の庭先巡り」みたいな集落の中の細い道。

行けるか?行けないか?とハラハラ進むと突然開ける田んぼ。

田んぼばかりのど真ん中にポツンと一枚だけ水の張られているらしい田んぼがあり、白いものがポツポツみえる。

田んぼのど真ん中の道路に車を止める。
それらしき田んぼには白鳥さんと鴨さんが…

ギッシリ。。。
a0091680_23262118.jpg


白鳥さんは休養日なのか、食事を終えもう帰ってきて食休みなのか、時々羽根を広げてパタパタして見たり、
a0091680_23190708.jpg

a0091680_23191021.jpg

鳴き交わして見たり、家族づれで横の田んぼを歩いて見たり、
a0091680_23271185.jpg

皆さん寛いでいた。

畔にはカモが縦3列にビシッと並ぶ。
a0091680_23272549.jpg

なぜそこに?
みんなで水に入ると狭すぎるのだろうか?

ここにはmaxで千数百羽の白鳥が飛来するらしいが、絶対この田んぼ一枚じゃ収まりきれないだろうと思う。周りの田んぼをワサワサ歩いてたりするのだろうか?

壮観だろうなぁ。
その時にも見てみたいものだ。
スタッドレスタイヤは滞りなく100キロ以上の走行とチェックを終えたことだし。。

a0091680_23401159.jpg










[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-12 23:37 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

東北紅葉旅行2日め画像はまだ続く。。

昔からなんだか気がかりだった名所、「塔のへつり」を見たあと、以前、何度もキャンプに通った懐かしい奥会津、檜枝岐村の手前をかすめて一般道を南下。
a0091680_21453244.jpg

a0091680_21453554.jpg

a0091680_21453791.jpg

a0091680_21454027.jpg

圧巻の東北の紅葉ドライブだった。
予定としては夕方には自宅に着いている予定だったのだが最後にうっかり通ってもらった日塩もみじラインの途中であえなく日は暮れた。
でも、奥日光の夕焼けが綺麗だった。
a0091680_21520789.jpg


この後さらに、夜中のいろは坂を下り、我が家のいつものパターン通り真夜中に帰宅。

これが今年の紅葉見納めドライブ?



a0091680_21464108.jpg
a0091680_23221837.jpg


[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-09 23:20 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

1ヶ月前の紅葉旅行、2日目。
何度も横を通りながら未だ行ったことのなかった「塔のへつり」へ。
途中の紅葉も綺麗。
a0091680_19185818.jpg


有名で人の多い観光地はどうも苦手…という私にも、塔のへつりは行って良かったと思えるさすがの景観だった。

下郷村のライブカメラに映りながら「自分の居るライブカメラ映像のスクリーンショット」など撮ってみた。
a0091680_19232160.jpg

⇧自分たちにしかわからない、自己満足なだけのスクショ画像だけど。⇩


a0091680_19251025.jpg



……………………………………………

途中の紅葉
a0091680_23252318.jpg
写真撮りながら綺麗だとわあわあ騒ぎまくった。


[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-09 23:13 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

今更ながら、秋の風景

1ヶ月も前のものだけど、綺麗だった紅葉旅行の記録。
裏磐梯の五色沼目指しての1日目。
ずっと高速で行くのもつまらない(し、高速代も節約出来る)ので途中から一般道。
思いもかけず猪苗代湖越しの磐梯山とその先の雪の山脈の絶景に出会う。
a0091680_23122828.jpg
まっすぐ最短で行っていたら出会えなかった景色。
これだから、寄り道しつつの旅は楽しい。
でも、当然、着くのは遅くなる。
美しい夕方の(^^;五色沼。

a0091680_23141325.jpg

a0091680_23141508.jpg

a0091680_23141705.jpg

a0091680_23141851.jpg
駐車場に戻るとすっかり夜。。
( ̄◇ ̄;)…く、暗い。
a0091680_18533494.jpg
暗闇の中、郡山のビジネスホテルへ。
チェックイン後駅ビルのレストランまで歩き、美味しい夕飯。
a0091680_19070797.jpg

夜中から早朝まで好きな時間にイン、アウト出来るところが、行き当たりバッタリの私たちにピッタリなのだ。
(夕飯の場所がどこにもなく、コンビニ弁当のこともあるけれど)


[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-09 23:10 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)