花畑の主役

7月半ばの車山高原にて
a0091680_18424156.jpg

昨年のこの時期はニッコウキスゲの中でノビタキが目立っていたが、今年頑張っていたのはホオアカ。
a0091680_17125281.jpg
遊歩道の杭の上で、スマホとカメラにぐるっと取り囲まれながらすぐ前で長々と、堂々の縄張り宣言の歌。
a0091680_17101529.jpg

歩きに行った八島湿原でも
a0091680_17225078.jpg
目立っていたのはホオアカ。
a0091680_17152752.jpg
車山では忙しそうにたまに通りかかるだけで、あまり目立たなかったノビタキくん。
a0091680_18443928.jpg

7月のお花畑の主役はノルディックセーター着を着たホオアカだった。
a0091680_17275783.jpg

[PR]
by chatadon-06 | 2018-07-24 12:58 | 植物・動物 | Comments(0)

無敵の春

先週、桜を見に出かける途中の安曇野の風景。

ただ車の外を眺めているだけなのに。。
有明山を正面に臨む素敵な春の景色がそこに。
a0091680_16112998.jpg
さらに進むと、なんと
a0091680_11550012.jpg
a0091680_11503397.jpg
安曇野の春は無敵。


[PR]
by chatadon-06 | 2018-04-28 15:48 | おぉ~! | Comments(2)

雪山とオオヤマザクラ

地質のせいなのか、気候のせいなのか、八ヶ岳南麓から見渡す山々のほとんどは(北岳のてっぺんを除き)真っ白く雪に覆われる事がない。
南アルプスや八ヶ岳は美しく厳しい冬山の姿を見せるが「雪山」の風情はあまりない。

先週、八ヶ岳南麓から安曇野を北上してたどり着いた白馬村の高台。
a0091680_22330808.jpg
台地の下にはアルプスから運ばれて来た土砂で埋まりつつある姫川第二ダム。
a0091680_22343627.jpg
高台の向かいには真っ白な北アルプスのパノラマが広がる。
a0091680_22350972.jpg
その高台の真ん中に伸び伸びと樹冠を広げるまだ若いオオヤマザクラ、野平の一本桜。
a0091680_22355853.jpg
今はまだ、雪山に春を告げる花束のような初々しさだが、この先幾たびも春を迎えて空に伸び広がり、何十年かの時を経てこの景色の主役となる大樹に育つだろう。
そこまでは見届けられないだろうけれど、
それでも。。

…いつかまた、花盛りの春の日に。

a0091680_23213622.jpg
雪山とオオヤマザクラ。
いつかは見たかった景色に出会えた。


[PR]
by chatadon-06 | 2018-04-26 22:30 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

名残の桜

爆速で咲き終わってしまった関東の桜。
自宅近辺を除き今年はどこにも観桜に行かなかったので、昨日、八ヶ岳南麓の小屋から長野北部の桜を観に出かけた。
めざす桜(オオヤマザクラ)はまだあまり開いていないとの情報が多かった。
北国に多いヤマザクラの一種、オオヤマザクラは別名エゾヤマザクラ、またはベニヤマザクラ。
白っぽく霞むソメイヨシノやヤマザクラに比べて濃いめのピンクが柔らかくあでやかに春を告げる。

やっと咲き始めらしいが、どーせウチのペースで出かけるから、たどり着くまでには少しは咲き進むに違いない、とのんびりと出かける。
まずは中山高原の菜の花で桜開花までの時間稼ぎ。
a0091680_16095992.jpg

お昼ご飯を食べて。。
わざわざ(?)ゆっくり来た甲斐あって、一本桜は何とかちゃんと開花状態。
a0091680_16030718.jpg

今日明日あたりは満開かなぁ、と思うが、この暑さの中、土日の混雑を考えると、昨日がベスト。
帰りがけ寄った有名どころの中綱湖の桜も何とか咲き進んでいた。
a0091680_16020283.jpg
a0091680_16022239.jpg
最後を飾るのは南麓の小屋最寄りのヤマザクラ。
a0091680_16041136.jpg

で、きょうは甲府盆地通過時31℃の酷暑の中、自宅へと帰宅中。
a0091680_16001078.jpg

午後の光だとモノクロっぽく見える富士山が今日は青く美しかった。
a0091680_16005994.jpg

追記:山手トンネル出口は35℃…orz
a0091680_16231927.jpg



[PR]
by chatadon-06 | 2018-04-21 15:30 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

寒さ。

美しく雪をいただく八ヶ岳。
はるかかなたには中央アルプスの雪山の屏風。(鉄塔の左奥。)
a0091680_14343726.jpg
とっぷり雪を纏いつつある白峰三山と南アルプス…
a0091680_14363160.jpg


…を後ろに見ながら八ヶ岳南麓からの帰り道。
残念。


たまたま暖かい数日間、八ヶ岳南麓の小屋に滞在したが、近所の方の話ではマイナス10度以下の日が続き、凍結で水道関連の故障が相次いでいるらしい。
更に、野辺山の上の方の山荘では−30度になったとの話を聞いたとか。

…南極か!?

着いた日の小屋のポットの中。
残った水と結露した雫が全てそのまま凍ったアイスワールド。
a0091680_14511399.jpg
ふと、中学の英語の授業で教わった文章を思い出した。

You might think but today’s some fish!

言うまいと 思えど今日の 寒さかな。

[PR]
by chatadon-06 | 2018-02-18 14:19 | 八ヶ岳 | Comments(0)

やっと紅葉ネタ終わり。

流石に今回は紅葉ネタじやないだろう
と思ったあなたにお送りする、駄目押しの八ヶ岳南麓の紅葉!
奥会津紅葉ツァーの後の11月半ば。
もう終わりだろうと思って行った八ヶ岳南麓は、例年になく鮮やかな紅葉が待っていてくれた。。

小屋より標高が下がればまだすこしは残っているかな?と出かけた清里湖(大門ダム)あたり。
対岸の斜面、落葉の木立が美しい。
a0091680_11484918.jpg

そしてこちら側の斜面の先には。。
a0091680_11542883.jpg

a0091680_11542933.jpg

a0091680_11543332.jpg

例年の南麓はカラマツの黄葉がハイライトで、ブナ、ナラ類は渋めにキレイなのだが、今年は日当たりの良い場所の樹々が極めて鮮やかな紅葉を見せていた。

自宅あたりの紅葉も今年はいつになく鮮やかだったけれど、流石にしつこいのでこれだけ。
a0091680_22434670.jpg


来年も紅葉の当たり年だといいな。



[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-10 22:33 | 八ヶ岳 | Comments(0)

東北紅葉旅行2日め画像はまだ続く。。

昔からなんだか気がかりだった名所、「塔のへつり」を見たあと、以前、何度もキャンプに通った懐かしい奥会津、檜枝岐村の手前をかすめて一般道を南下。
a0091680_21453244.jpg

a0091680_21453554.jpg

a0091680_21453791.jpg

a0091680_21454027.jpg

圧巻の東北の紅葉ドライブだった。
予定としては夕方には自宅に着いている予定だったのだが最後にうっかり通ってもらった日塩もみじラインの途中であえなく日は暮れた。
でも、奥日光の夕焼けが綺麗だった。
a0091680_21520789.jpg


この後さらに、夜中のいろは坂を下り、我が家のいつものパターン通り真夜中に帰宅。

これが今年の紅葉見納めドライブ?



a0091680_21464108.jpg
a0091680_23221837.jpg


[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-09 23:20 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

今更ながら、秋の風景

1ヶ月も前のものだけど、綺麗だった紅葉旅行の記録。
裏磐梯の五色沼目指しての1日目。
ずっと高速で行くのもつまらない(し、高速代も節約出来る)ので途中から一般道。
思いもかけず猪苗代湖越しの磐梯山とその先の雪の山脈の絶景に出会う。
a0091680_23122828.jpg
まっすぐ最短で行っていたら出会えなかった景色。
これだから、寄り道しつつの旅は楽しい。
でも、当然、着くのは遅くなる。
美しい夕方の(^^;五色沼。

a0091680_23141325.jpg

a0091680_23141508.jpg

a0091680_23141705.jpg

a0091680_23141851.jpg
駐車場に戻るとすっかり夜。。
( ̄◇ ̄;)…く、暗い。
a0091680_18533494.jpg
暗闇の中、郡山のビジネスホテルへ。
チェックイン後駅ビルのレストランまで歩き、美味しい夕飯。
a0091680_19070797.jpg

夜中から早朝まで好きな時間にイン、アウト出来るところが、行き当たりバッタリの私たちにピッタリなのだ。
(夕飯の場所がどこにもなく、コンビニ弁当のこともあるけれど)


[PR]
by chatadon-06 | 2017-12-09 23:10 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)

移り変わる紅葉を各地に追いかけるのに忙しくて、気がつけばもう冬の入り口。
八ヶ岳南麓の小屋の冬支度に大急ぎで往復。
奥鬼怒や奥会津の紅葉の後に、幸いなことに八ヶ岳南麓の紅葉の終わりかけに間に合った。
オオムラサキセンター横の陸橋から
a0091680_14575157.jpg

今日の帰り道の茅ヶ岳
a0091680_14585251.jpg

笹子トンネル入り口
a0091680_14591305.jpg

上野原あたりの路肩のツタも鮮やか。
a0091680_15255514.jpg


南麓の庭から見上げるカラマツの黄葉。
(もちろん借景)
a0091680_15301209.jpg
今年はミズナラの紅が例年より鮮やかだった。
名残惜しいが今年の秋も駆け去って行く。
また来年。。。





[PR]
by chatadon-06 | 2017-11-17 14:38 | 八ヶ岳 | Comments(0)

晴れる日がない。

雨続きの毎日。
おとといの予報では昨日だけが一応晴れマークだった。
天気予報の画面では更に雨予報の日が続き、来週半ばになってようやく再びの晴れ予報。

もう、今年の紅葉お出かけチャンスは明日しかないじゃない!と思い立った一昨日。

たまたま、どこでも連れてってやるよと、夫が(うっかり)言ってくれたばかりだったので、すかさずお願いした。
明日お出かけしたい!
行き先は日帰りで今紅葉盛りのところ。
ざっと調べたところでは中禅寺湖あたりがまあまあ色づいているようなので、日光方面にしたが、夫は今ひとつ乗り気でない。
何べんも行っていてどんなところか予測のつく場所はなんだかつまらないらしい。
で、取り敢えず日光方面に向かうも、途中で検索して少し別方向に修正。
霧降高原道路から瀬戸合峡のお蕎麦屋さんに向かうことに。
a0091680_00432778.jpg

残念ながらどんどん曇っては来たが、霧降高原道路の霧の中に浮かび上がる紅葉に歓声を上げつつ、男体山の向こう側、瀬戸合峡方面へ下る。

標高が下がるので紅葉は進んで居ないが、静かな秋の山あいで岩魚の天ぷらそばや唐揚げ、舞茸ご飯を堪能。
a0091680_00445278.jpg

お店で聞くと先に進んで戦場ヶ原方向に抜けられるとのことなので、同じ道を帰りたくない夫(私もだけど)はそちらを選ぶ。
すれ違い困難箇所が沢山あり、かと思うとトンネルですいすい通り抜けられる箇所もあり、素晴らしい峡谷とダム湖を見下ろす場所へと登る。
a0091680_00040621.jpg

更に奥へと登ると、再びの紅葉の山へと分け入ることになる。
a0091680_00463146.jpg

そこにはやはり…
求めて来た訳ではないが、
結果的にいつもの通り
…そこは林道。
a0091680_00471238.jpg
なんだか行方不明、滑落多発、みたいなことが書いてある。
車が?人が?と夫と協議するが不明。

舗装はしてあるが、ガードレールはボコボコだし、片側には落ち葉に隠れた側溝が有る。

でも、景色は抜群。
向かいの山々は紅葉の錦をまとい、林道のヘアピンカーブの曲がり角には、赤の中に真紅を散らしたハウチワカエデの枝が差し掛かる。
断崖の向こうの斜面の紅葉は、見慣れた八ヶ岳より赤が多く綺麗だ。
a0091680_00520286.jpg

途中、夢のように美しい紅葉の斜面の脇で車を止め、怪しげな空模様を気にして大急ぎだったが呆然と眺めた。
晴れていたならと残念だったが、紅葉は一期一会、今この時だからこその美しさだと納得してしまうほどの絶景だった。
残念ながら、画像はイマイチ。
a0091680_00381675.jpg

どんどん暗くなり、霧が濃くなる中も、霞む景色は美しく、運転が大変そうでありながらもこの道に魅入られている風な夫だった。

暮れなずむころようやく戦場ヶ原に到着。
男体山は怪しげな雲に覆われつつあった。


そして今日。
奥日光は雪〜!

なんか笑ってしまう。

まさに一期一会、
昨日だったからこその景色。


運転、ご苦労様でした。

それにしても素敵な林道だったなぁ。
また行きたいなぁ…
a0091680_00264995.jpg




[PR]
by chatadon-06 | 2017-10-19 23:22 | お出かけ(八ヶ岳以外) | Comments(0)